エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


近いから見えない


巷のエコドライブ情報を聴いていると、「2〜3台前の車を見て運転しましょう」というのを耳にするハズ。「できるだけ先」とは多少違うが、要するに先の方を確認しながら運転しなさいってこと。
重要だから誰もが言う。当然のことだ。
 
しかし「そんな先を見てたら怖くて走れない」という人がいる。直前の車が気になりすぎて、その先にまで気を配る余裕がない。
 
簡単に言えば、直前の車の存在感がデカすぎるのだ。
全てではないものの、先を見られない人ってのは、車間が十分でないことが多い。
 
気を抜くとあっという間に追いついて衝突してしまうから、前の車のお尻から目を離せなくなる。
ついでに、直前の車に迫れば迫るほど、視界に占める割合が上がる。つまり、実際にデカく見える。デカいから余計に気になる。ますます先の状況になんて構っていられない。悪循環だ。
車間広い 車間狭い
同じ車でも距離が違うだけでこれだけ大きさが違う。この画像自体はスピードが異なるため、秒数での車間距離に大差はなく、実際には別にどうってことないのだが、仮に同じスピードだったら圧迫感は格段に違う。結構なスピードで右のような車間だったら、怖くてなかなか先を見ることなどできないだろう。人間の自然な感覚として、そうなる。
別の見方をすれば、スピードと車間距離はちゃんとリンクしていることを示している。だから車間は秒で測るのが有効なのだ。
 
「そうは言っても追突する訳いかない。やっぱり直前の車が一番大事でしょ?」と反論するかも知れない。だが眼の前のお尻を見てても、必ずしも事故は避けられない。前の車が玉突き事故に巻き込まれたら、それからブレーキ踏んでも遅い。自らも玉の一つとなって前を押すハメになる。
そうならないためにも、悪循環を断ち切って先の先を読みつつ走るべき。前が玉突きしそうだと予め察知し、サッサと減速して自分が逃げるスペースを確保するのだ。
 
何度も書いているが、走行中は前の車に束縛される。きちんと車間を開けて呪縛から解放されれば、心理的にも余裕が生まれて先の状況に目が向くようになる。
 
だから、怖くて先を見られない人は、とにかく車間距離を広げることから始めてほしい。
時には適正車間の2秒を越えることもあろうが、車は人間が動かすもの。それでドライバーの心に余裕が生まれるなら、車間が多少広すぎても問題ない。落ち着いて先を確認しながら運転する方が絶対にbetter。事故を起こしたら元も子もないんだし、そもそも先を読んだ運転の方が結果的に速いんだから。