エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


初の高速 27.0km/L


12月25日のクリスマス。急に愛媛まで資材を買いに往復することになった。7時に朝の作業を終えてから行って帰って、その資材を使って大量の製品を作らなくてはならないので、時間的な制約もある。おまけに寒い。あまり有難くはないが、初の高速燃費を計測できた。なので、給油全体での平均燃費は26.8km/Lではあるが、この高速往復の燃費を中心に話をする。
 
高速燃費といっても、高速道路(しまなみ海道と松山道)ばかりを走ったのではない。会社から高速までは下道だし、しまなみ海道と松山道も繋がっていないから仕方ない。
 
まず最初に、前回問題となったタイヤ交換による距離の誤差を補正した。高速道路のキロポストを使うのが手っ取り早いし有効だからだ。その意味では、よい時期に遠出の仕事が入ったと言える。
50km走って誤差を見るのを何度か試したが、だいたい距離表示は50.7〜50.8km。やはり1.5%くらい多く表示されていることになる。ということは、納車時点での表示は正確だったということ。日頃の通勤時で比較すれば今後の補正も容易になる。やはり一度はこういうことをしておきたい。
 
出発点と目的地が両方とも海岸沿いなので、往路と復路で高低差とか道路条件による燃費の違いはあまりないだろう。ただし使った道は少し異なる。
 
まずは広島から愛媛への往路。3時間10分かけて187.3km走り27.8km/L。平均速度59.1km/hで計算上は6.74Lの消費。
フェリーでショートカットできればと考えていたものの、時間に間に合わなかったので、下道でしまなみ海道の起点である尾道へ。年末の長期休暇に入っている人もいるだろうし、国道2号線は渋滞。ただHVの強みで、渋滞区間だけなら30km/Lくらいで走れる。実際にはそこに至るまでに急な山道のアップダウンがあるのでもう少し悪いが。
 
しまなみ海道はだいたい80km/hで走行。70km/h制限区間が多いので、それほど遅いペースではない。この速度になるとEVモードで走れる区間はあまりないが、24km/Lは越えてくれる。ただ、やはり重いエンジン車になってしまう印象は拭えないか?まぁ24km/L走って文句言うのは酷だが。
 
しまなみ海道から松山道へ至る今治の国道で、悪化した燃費が多少持ち直す。普通のエンジン車では考えられないことだが、HVではこれが実情だろう。
 
松山道はしまなみ海道よりも制限速度が高いので、100km/h近辺で走行。このスピードになると燃費が悪化するのだろう、平均燃費は下降気味。
 
結局全平均が27.8km/Lなので、もちろん悪くはない。ただEV走行率は20%で、187.3kmのうちたったの37.5km。下道だけを使えばもう少しEV率がよいはずだが、燃費そのものは大差ない。速度域からすれば、下道を走るくらいの方がアクアにあっているのだろう。信号などのストップ&ゴーがない分、高速道路を使う方が多少数字がよいだけで。
 
取引先がICからすぐの場所にあったため、復路はいきなり松山道。110km/hで走ってみると燃費が悪い悪い。軽く20km/Lいかない。だいたい18km/Lくらいだ。
もっと走り易い高速道路、たとえば新東名なんか120km/h以上で平気で流れてるが、ものすごく燃費悪くなると想像する。その上、ヨーロッパじゃもっとハイスピードで流れてるとか言う人がいる。ただこれくらいの速度域だと、HVでなくとも燃費は悪化する。もちろんディーゼルはマシとか程度問題はあるが、HVに難癖つけるより、もっとスピード抑える方向に進むのが筋じゃなかろうか。
 
松山道を降りてからは今治の市街地、しまなみ海道と走った。ここでもフェリーの時間に間に合わないので高速一本で。ただ今度はしまなみ海道から山陽道を乗り継いだ。問題なのは、しまなみ海道と山陽道は直結しておらず、バイパスを数km逆方向に進み福山西ICから乗らなくてはならないこと。順方向で次の尾道ICは山の中なのでそれ以上に時間をロスする。正直悩んだが、下道を走るよりは速いだろうと。山陽道のこの区間は結構アップダウンがあるので、それほど燃費は伸びないのが難だ。
 
最終的に2時間56分で203.9km走り26.3km/L。平均速度69.5km/hでガソリンは7.75L消費。EV走行率に至ってはたったの13%、26.5kmしかない。
 
ちょっと待て。
 
確かに速いが、たったの14分だ。接続の問題で遠回りしてるとはいえ、往路は渋滞に嵌っている。高い通行料払ってこれだけか?平均速度が10km/h以上上がっているのに、走行距離が16.6kmも長くなっているので効果が弱まっている。しかもだ、燃費が27.8km/Lと26.3km/Lだから大した違いがないように見えるが、ガソリン消費は6.74Lが7.75Lに増えている。実に1L、15%の増加だ。これはデカイ。燃費の数字だけ見ていると気付きにくいが、実際に使ったガソリン量を見ないとエコノミーもエコロジーも語れない。高速道路が必ずしも燃費に優れる訳でもない。こうした意識がもっと一般的になってほしいんだけどな。