エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


ファーストインプレッション


2012年10月6日、AQUAが納車された。
 
一通りの説明を受けてから、2件ほど買い物をしながら普通に運転し帰宅。慣れない車だし説明のときにいろいろ動かしたりもしたので、燃費自体は参考程度にしかならないが、乗ってみて感じたことをまずはいくつか記そう。
 
とりあえず、オプションでつけたマルチインフォメーションディスプレイが使いづらい。必要な情報を得られないって訳ではないが、いくつかの知りたい情報を同時に得られないのだ。いちいち画面を切り替えなきゃならん。これはウーム、である。
 
具体的に言うと、バッテリーの状態(充電量と放電回生)と瞬間燃費を一緒に見られない。つか、バッテリーの状態は常に表示しててほしいんだよな。HVの運転はこれがキモなんだから。
瞬間燃費は5分間燃費(30分まで遡って表示される)とともにグラフ表示され、これは使うだろう。が、グラフだけなので数値として知ることができない。便利なんだか不便なんだか。
 
たぶんこの5分間燃費モードと具体的な数値が一覧表示されるモードを切り替えて使うことになる。でもこれだとバッテリー状況が全く分からんので、運転のエコ度を判定してくれるエコジャッジか、どれだけガソリン代かかったか(節約できたか)教えてくれるエコウォレットをたまに見るだろう。いや、HVの運転方法を確立するまではこっちがメインか?
 
ハッキリ言って、道路状況を鑑みず車の状態だけでエコ度なんざ測ってくれんでヨロシ。手法にしても木が育っていくホンダとかに比べて面白みに欠ける。100点満点から減点されてくだけって、普通の人ならたぶん萎えるよな。意地になって100点目指されても他の車が困るし。ここら辺(トヨタは車しか見てないよな)と感じる。
 
エコウォレットの方は、試みは良いと思うんだが、ガソリン価格は常に変動するんだし、単にガソリン消費量を表示してくれればいいんだよ。瞬間消費量が特にほしい。そうすりゃアイドリングしてるときの無駄遣いが良く分かる。これはHVより普通のエンジン車にほしいところだが。そもそも一々ガソリン価格を入力するなんて、しないでしょ普通。現在の(というか前乗ってた車の)燃費と比較してどれだけ低燃費になったか教えてくれるってのも・・・この先長いことAQUAと付き合っていくんだし、イランよなぁ。
 
マルチインフォメーション以前に、エコドライブシステムが作動してないとこうした情報を得られないのもイマイチだ。燃費や走行距離なんかをチェックしてるだけなのに、バッテリー容量減れば勝手にエンジンかかる。そんなためにアイドリングしたくはない。
 
いずれにせよ、これからいろいろ試して使い方を探っていこうとは思う。単にドライバーが自由にカスタマイズできりゃ一番よかったんだけど。
 
 
走りに関しても少し。エコドライブモードが激しく使えない。出足が鈍すぎてどうにもならん。
 
この原因は多少理解できる。普通の人は私のようなアクセルワークをしないからだ。普通の人がこれまで通りにガバッと踏み込んでも、このモードなら勝手に過剰な分を抑えてくれるからエコになるって寸法。要はふんわりアクセル装置。
だがこんなもんに慣れてたら、いつまで経っても微妙なアクセル操作はできるようにならんし、エコドライブなんてできないぞ。
 
そもそも急加速が必要で本当に踏み込まなきゃならんときはどうするんだろう?その都度スイッチ押してモード変える訳にもいかん。いやそれ以前に、これまでアクセル踏み込んで発進してた人がこんな加速で満足できゃしない。さらに踏み込むクセがつくか、エコドライブモード使わなくなるだけじゃなかろうか。
 
少なくとも自分の足でアクセルの踏み加減を調整できる人なら使わないと思う。私は5分走っただけで早々に切った。
 
そのほかには、低速走行時に周囲に感知してもらえるよう音が鳴っているはずだが、窓を閉めていた関係もあり、分からなかった。次は確認してみたい。
 
気になった部分ばかり書いたが、他は予想の範囲内。いたって良好だ。まだほんの少し流しただけだから、評価を下すにはまだ早い。いろいろ使い込んでHVのエコドラ技術を深めたいと思う。