エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


赤外線カットがほしい


最近の夏の暑さはとんでもない。
昔から夏は暑いもんだと相場は決まっているが、地球温暖化が叫ばれてからは特に酷い。真夏日猛暑日熱帯夜当たり前。熱中症対策も日常茶飯事。私がどちらかというと寒さに強くて暑さに弱い、からではないだろう。誰だって死ぬほど暑い、イヤ熱いはずだ。
 
こうなると問題となるのが車内の暑さ。炎天下に放置して買い物にでも行こうものならアッという間に40℃50℃超えてくる。直射日光で60℃70℃。こうなるともう、もはや調理器具だ。乗り物とはとても思えない。
快適車内を保つとなれば、温度上昇に負けないくらいエアコンかけにゃならん。クーラーフル稼働でアイドリングストップなんて夢のまた夢。そんな装置ついてたっけ?のレベル。
 
気温が高いのは仕方ないとしても、太陽光を直に浴びると車内の温度はムチャクチャ上がる。せめて直射日光の影響だけでも避けられれば、エアコンを控えて多少は燃費もよくなるのに。
 
という訳で以前から思っていたのが、ガラスで赤外線を遮断してくれないか、ということ。
UV(紫外線)カットのガラスは日焼け対策でよくある。オプション設定があるから新車購入時につけられるし、半ば標準装備となりつつあるんじゃないか?
 
だがUVは日焼けの原因にはなるけれど、温度を上げる訳じゃない。肌がジリジリ焼ける感じがするのもUVのせいじゃない。どう考えても赤外線の仕業だろう。赤外線ヒーターとか赤外線ストーブとかはあるけど、紫外線ヒーターは聞いたことないし。
 
なので、赤外線カットのガラスを望みたい。夏は涼しくていいけど、冬はポカポカの太陽光線を遮って車内寒々・・・なんて心配もあるが、影響の大きさ考えたら夏の暑さの方が問題デカイんじゃないか。寒いのは着込めるけど暑くて脱ぐのは限度がある。食品だって腐る。植物萎れる。
 
実を言えば、赤外線カットのフィルムは販売されている。ただ光線の透過率の関係で、フロントやサイドに貼るのは制限される。車購入時のオプション設定がないのはそういった理由だろう。経年劣化による透過率低下の問題もあるかも知れない。
 
他には赤外線カットガラスも存在するらしい。ガラス交換はすごく手間だから、これこそ新車時に装着してもらいたいものだが、実用段階としてどうなんだろう。
 
運転には視界の確保が大事だから、ガラスの透過率を規制する理屈は分かる。が、赤外線をカットできたらエアコン使用率はかなり減るだろうし、何より乗りこんだときのモァッとした熱気がいくらか解消される。かなりのエコ効果が見込める上に、不快感が減って心身ともに安全運転できると思うのだが、どうだろうか。