エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


燃費表示をcc/kmに


エコドラしてれば燃費を比べて話をすることになる。km/Lが当たり前のように馴染んでいるから、誰もが特に疑いもなく使っていることと思う。
 
が、私は結構違和感がある。というか使いづらさを感じている。
 
km/Lの意味するところは「ガソリン1Lで何km走れるか」だが、こいつを日本語に直すと何だ?
燃費と呼ばれてるんだから「燃料消費率」だろう。
ちがう。燃料の数字は分母で1に固定されていて、変化するのは走行距離kmの方だ。だからkm/Lは「単位燃料量あたりの走行可能距離」とか呼ぶのが正しい。
 
細かい話をしているように思われるだろうが、真意はこうだ。
燃費よく走りたい、ということは燃料消費量を比べたい。それなのに距離を比べる数字指標が用いられているので分かり辛い。一方で大事な燃料の量は分母にあるので、知りたければ逆数をとるしかない。ダイレクトに伝わってこないのだ。
 
簡単な例を挙げよう。
100kmの道程を往復、計200km走るとする。行きは上り坂メイン、帰りは下り坂メインとし、他の条件は同一とする。当然帰りの方が燃費よくなる。行きは10km/L、帰りは20km/Lで走ったとしよう。上りと下りで燃費が倍なんてことザラだ。では全行程の燃費はいくらだろうか?
 
10km/Lと20km/Lの平均なんだから、15km/Lと思ってしまう。だが違う。
 
行きは100kmを10km/Lで走ったのだから、ガソリン10L使ったことになる。同様に帰りは5L使った。すると全行程200kmを15Lで走ったことになるので、13.3km/Lが正解。
こんな単純な計算なのに、パッと感じる15km/Lと1割以上も誤差が生じてしまうのは如何なものか。行きと帰りで距離が違おうものなら、割り算しないとガソリン消費量すら分からず、ほとんどお手上げ状態だ。
 
それ以前に、燃費が1km/L違うときに、使うガソリン量の変化幅が一定じゃないのが問題。
1000km走るとしよう。10km/L走る車と11km/Lの車とではガソリン消費が100Lと90.9L。9.1L違う。リッターあたり150円なら1364円の差だ。しかし20km/Lと21km/Lじゃ50Lと47.62Lだから2.38Lしか違わない。357円の差。逆に4km/Lが5km/Lになったら250Lと200L。50Lも違えばガソリン代は7500円も違う。
 
10km/Lが11km/Lに改善するのと20km/Lを21km/Lになるのとじゃ、重みが全く違うのだ。数字的にはどちらも1km/Lの違いだが、そこんところが正しく認識されているようには思えない。
カタログ燃費で30km/Lだ31km/Lだのと比べてるCMを見ていると滑稽にさえ思えてくる。33.33Lと32.26Lだから1.07L、161円の違いでしかない。1000kmといえば東京からだと高速道路で九州へ入ろうかという距離だ。これだけ走ってたった161円の差。どんだけの意味があるんだろう?クルマの性能より道路状況とか別要素による影響の方が大きいのに。
 
だから本来の燃料消費率で私は考えたいのだ。先の往復の例なら、行きが100cc/kmで帰りは50cc/km。平均も75cc/kmでそのまま。走行距離が異なる場合でも単純に掛け算すれば使ったガソリン量は分かる。掛け算と割り算じゃハードルの高さが全然違う。
 
問題があるとすれば、残りのガソリン量で走れる距離が割り算になるので分かりにくいことだが、これはどちらかというと燃料計で管理するもの。今の車でも走行可能距離の表示がされるものは多いけれど、大概ガス欠になりそうな時くらいしか見ない。
あとは燃費性能が上がるほど数値が下がるので違和感あるかもしれない。これは慣れの問題だ。
 
こんなこと言ってもkm/Lに慣れ親しんできた事実は変わらないし、今後もcc/kmの表示に切り替わることはないだろう。実際、普通の人は実感しにくいと思うので、私もkm/Lで説明するし。
だが、車での表示は選べるようにしてほしい。そんなに難しい要求じゃないと思う。cc/kmまで細かくするのは無理かもしれないが、ヨーロッパじゃ普通にL/100kmで表示されるんだから。