エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


目指すならGなき発進


発進するときのアクセル操作を考えるなら、スピードがどうの、時間がどうのと考えずに、まずはGのない加速を目指すのがいい。Gってのは要するに、首がガクンとしたり、身体がユサユサ揺すられない加速ってこと。ま、加速に限らず運転一般全てに言えることだけど。
 
アクセルを強く踏み込んで急加速すると、燃費が急激に悪くなる。しかしそれを避けようと「ゆっくり」を心掛けると過剰に遅くなりがち。だからこそ”ふんわりアクセル”は忘れるべき、と説明した。さて、アクセルの踏み方で判断できないとなると、どうする?
 
だったら考え方を変える。
急加速したらGが必ずついてくるんだから、このGってヤツをなくすことを心掛けてやる。そうすれば勝手に急加速を避けられる。
 
この”勝手に”ってのが実は重要でね。そう思ってる人あんまりいないけどさ。目的を真っ直ぐ追い求めるより、結果的に目的を達成できる方が、無理なく自然に続けられるもんなんだよ。
 
スポーツカーでものすごいGを感じながら加速するのが好き!という人ならいざ知らず、アクセル踏むたびに頭がグラグラするのは誰だってイヤだ。
ドライバー本人はともかく、少なくとも助手席の人はイヤだ。
 
だから、Gのない運転なら誰でもウェルカム。簡単にチャレンジできるハズだ。
 
ついでに、燃費とかエコとかに比べれば、Gをなくすってのは目的としていかにも軽い。この軽さが過剰なノロノロ発進からあなたを救う。
危険や他人の迷惑を顧みずにGのない運転にこだわる人は少なかろう。つまり”ふんわりアクセル”のダメな部分をかなり減らせる。屁理屈に聞こえるかも知れないが、実際そういうものだから。
 
しかし実は、ここでひとつ問題がある。
 
ドライバー本人は無意識のうちに運転中のGを予測できる。頭がガクガクしないように自然と力を入れてしまう。自分で運転してるんだから当然だ。すると、自分では出来てるつもりでも、意外とGのない加速になってないことも起こりうる。
 
だから結論は、大切な人を助手席に乗せるつもりで運転するのがベスト。
恋人でも会社の社長でも、憧れのアイドルでも誰でもいい。そんな人を乗せてたら、スタートのたびにガックンガックンさせたくないでしょ?スムースに走ろうと努力するでしょ?そんなつもりで操作してやれば、目的はオールクリアだ。
 
いらんGのない快適ドライブ、ついでにエコ。これなら簡単です。

大切な人を乗せてるつもりでGなき加速をしよう!