エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


”ふんわり”は忘れよう


どうやって走り出すかで燃費はかなり大きく違ってくる。最重要ポイントのひとつだ。
だからエコドラに関する情報を見れば、必ずスタートの仕方やアクセルの踏み方が書いてある。
 
恐らく、”ふんわりアクセル”という言葉もどっかで目にしたことがあるだろう。
JAFとかの有名どころで軒並み推奨されてるもんだから、すごく重要だと思ってる人が多いだろう。
 
だがとりあえず、”ふんわりアクセル”は忘れてほしい。
かなり問題あるし、率直に言ってこれから私が説明するのを試してみる方が実効性高いから。
 
ただお断りしておくが、というかここが厄介なんだが、”ふんわりアクセル”は燃費改善に貢献する。
 
止まってるものを動かすには大きな力が必要だけど、一気に力を加えたってその全ては使いきれない。結局は大部分をロスしてしまう。燃料消費ばっかり多くなって、大して前には進めない。
それくらいなら徐々に加速することでロスする部分を減らしてやろう、というのが”ふんわりアクセル”の考え方。この考え自体、何も間違っていない。
 
だからもちろん、ゆっくり加速する方が燃費がいいってことくらいは覚えといて構わない。
だけどコイツを目的にされると困るのよ。
 
「アクセルをふんわり踏め」って言われたら、反対に、強く踏み込めなくなる。道路上に自分だけじゃないんだから、ゆっくりできる場面ばかりじゃないでしょ。サッサと進んであげなきゃ後ろがつかえて大迷惑なんてこと多々ある。混雑する踏切とか交差点の右折とかさ。
 
そんなのエゴドラだよ。そして、エコドラそのものに疑問を感じるようになって、やがてエコドラできなくなる。それじゃ意味ないでしょ。
 
だから「アクセル踏み込まないようにしなきゃ」とか脅迫観念に捉われるのはやめよう。そのためには”ふんわりアクセル”なんか忘れちゃうのが一番だ。
 
で、エゴドラにならず、結果的に最大限ゆっくり発進できる方法があればベストだよね。
それを今後伝授していきたい。

ゆっくり発進するのを「目的」にしちゃダメ!