エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


スピードメーターを見よう


視点の話をしてたはずなのに、ココだけちょっと違う話で申し訳ない。でも大事だから。
 
と言っても、まぁタイトル通り。スピードメーター見ることの大切さ、というか有用さってあまり知られてないように思う。意外にもエコドラに効くんだけどなぁ。
 
エコドラっていうと、タコメーター(回転計)見てエンジンの回転抑えたり、燃費計がついてる車ならとにかくチラチラ見て燃費を確認するイメージがある。もちろんそれは大事。
 
でもスピードメーターにはもっと違う意味がある。それは、実際の速度を知ること。”実際の”ってのが思いのほか大切なんだ。
 
道路走るのは、速すぎてもいけないし、遅すぎてもいけない。じゃ、その”速い遅い“ってなんだっていうと、基準はやっぱり車の流れってことにならざるを得ない。
 
でもね、人のスピード感覚って実はあんましアテにならない。
 
前の車について走ってはみたけど、実はムチャクチャ速かったりすることもある。いいじゃんそんなの勝手に行かせれば。無理してついてく必要ナシ。
 
反対に、なだらかな上り坂に差し掛かってるのに気付かず、知らないうちにスピードが落ちてることもある。こいつは高速道路なんかでよく見られるサグ渋滞と呼ばれる渋滞の原因。実はドライバーみんなが注意すれば防げたりする(現時点では”みんな”ってのが難しいが)。
 
ほかにも、後続車が車間を詰めてくるようなときに、自分がノロマなのか後ろがセッカチなのか判断するときにもスピードメーターが頼り。
 
車の運転は、とかく周囲に流されがち、いや釣られがち。感覚だけで走ってると本来あるべきペースから外れちゃうことがある。それを防ぐために実際の速度を把握したいんだ。
 
エコドラと何の関係があるのかって?
 
エコドラってのは詰まる所”スムースに動くこと”なんだよ。 流れに乗って走るのは基本だけど、その”流れ”は適正なスピードか?自分の速度が適正か、と言い換えた方が分かり易いかな。
そうして周囲とのバランスをとればスムースな動きにつながり、結果的にエコドラになるんだね。
 
正直、効果が分かりにくい部分ではある。けど実はこういったスピードの調整が一番効果が高い。
ワカンネーヨって人は、今は別に分かんなくていい。信じてくれなくたっていいよ。
 
でも最初はとりあえず騙されたと思ってやってみてほしい。そのうち説明もするし分かってくる。
なに、簡単だ。単にもっとスピードメーター確認すりゃいいんだから。

実速度と感覚のズレをスピードメーターで補正しよう。