エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


とにかく後ろを確認


車間は2秒。最悪でも1秒。では広いのはどうだろう?
自分自身の安全や燃費のことを考えれば、広ければ広いほどベター。独りっきりで走る状態に近づくんだから、好きなように走れる。
 
しかしそうもいかないのが公道ってもの。混んでる道で一人だけ悠々ってのもどうもね。
車間が2秒の場合でも同様ではあるが、車間を広くとりたいならば他の車のことも考えてあげなきゃいけない。特に後ろのことをね。
 
ぶっちゃけ後ろ、もっと見ようで書いたとおりだし、方法も簡単だ。バックミラー(場合によってはサイドミラー)を覗けばいい。
 
何を確認するかというと、後続車の数と車間距離。そして動き。
 
1台や2台が適正な距離をおいてついてくるようなら、別に無理して前を詰める必要はない。ペースリーダーになってやれば、後続車もついでにエコドラできる。
 
逆にたくさんの車が数珠つなぎになっているなら、自分の前にあるスペースを後続の列にわけるつもりで、前に詰めてあげるべきだ。もちろん最低1秒ちょいってのは守った上でね。
交通量が過密なところでは各車の動きがギクシャクしてスムーズさに欠ける。燃費も悪いし危険だし、なにより遅い。窮屈そうな人にスペースを提供するのも立派なエコドラだよ。
 
後続車が全くいないような場合は、もちろん車間を詰める必要はない。エコ&安全運転に徹すればいい。ただ、時折バックミラーを確認することは必要なのでお忘れなく。速い車が近づいてくることがよくあるから。
 
なんだか面倒なようだけど、要は、後ろが窮屈にしてないか気にすればいい。
 
後ろに配慮してる雰囲気って何となくでも伝わるから、無理に追越されたり煽られたりすることも減る気がする。万が一そういう車がいたとしても、ミラーで予め確認しておけば、先に行かせたりって対処も楽になるよ。

広い車間をとるなら、後ろが窮屈にならない配慮をしよう。