エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


車間あけても遅くはない


”車間は2秒で”ってお話をした。
 
こんなのムリって思う人もいるだろう。
車の通りが疎らな郊外ならいざ知らず、市街地の真ん中で悠々と車間あけてちゃ他の車に迷惑だ、そんなのエゴドライブだ、ってね。
 
ぶっちゃけ一理ある。まぁ場合によっちゃそうだ。車間あけるってことはそれだけ広い面積を占める訳だから、限られた面積をシェアしあう場においては身勝手にとれるだろう。
 
しかし2秒ってのは走ってるときの車間だ。信号待ちとかで停まってるときじゃない。
確かにたとえば20km/hで2秒なら11.1mの空間を占めてることになる。長いっちゃ長い。が、見方を変えれば2秒もすりゃ過ぎ去ってしまう程度の距離でもある。そう考えると2秒の車間ってのはそれほど広くもない。実は車2〜3台の長さでしかないしね。
それでも2秒じゃ広いって思う方もいるだろう。先にも言ったように、場合によってはそんなこともあるから、そのことは次回に譲ろう。
 
とりあえず断言しておく。混雑時に車間をあけてても大して遅くはない。むしろ速いことも多い。
もっと言えば、スピードが遅くなるほど車間は(時間計測で)あけておくべきだ。
 
理由は簡単だ。
 
意外と勘違いしてる人が多いんだけど、前車にあわせて減速と加速を繰り返すよりも、車間で速度差を吸収しがらスーッと走ってく方が結果的に速い。エコ以前に、速い。
 
スピード落ちるのは簡単だけど、同じだけ加速するのは結構時間食うのよ。少しでも判断遅れるとそれだけガバッと車間開くわけだしさ。
車間詰めて前と一緒にギコギコとストップ&ゴー繰り返しても、無駄な上にちっとも速くないんだ、意外と。それよりは車間を広めに取って、できるだけ停まらず走れる方がずっと効率的だね。
 
分かり易い極端な例を挙げると、信号待ちしてる車の横を、青になるタイミングを計って通り過ぎるときを考えてみてほしい。相手がF1みたいな加速する車だって、ゼロからだったら勝負にならない。
 
要するに、できるだけ停まらなくて(もしくは減速しなくて)済むように、動けるスペースを空けておけってこと。
 
ついでに言えば、車間が詰まると視界が直前の車で塞がれるので、その先があまり見えなくなる。
エコドラの基本は、前の車の動きを予測すること。接近するほど前車が大きく見える。するとその先なんてあまり見えないし、何より圧迫感があるからブレーキランプに注目しちゃう。まさにすぐ前のお尻を見つめるなでダメ出しした通りの状態だ。
まぁこれは、ガラスを通して先を見るって技も残されてるけど、後ろにスモーク貼ってる車も多いし、それほどアテにはならないからね。
 
一人だけ車間あけて走ってたら他の人に迷惑だろって思うでしょうが、それは違う。結果的には実は占有する距離は大して変わらない、むしろ狭くて済むことが多い。スピードが同じか速いんだから当たり前っちゃ当たり前だけど。
まぁ、普通は車間距離だけしか比べられないから実感湧かないでしょう。が、目的地までかかる時間で考えてみりゃ分かってもらえると思う
 
もっとも、自分一人では限界があるのも事実。でも社会全体でこういった走りをしてくれれば、個人も得するし社会全体も得をする。すっっごく得する。簡単な渋滞くらいは解消できるんだ、実は。
 
ちょっとしたことで大きく違ってくるので、ぜひみんなで実践してほしいなぁ。

車間をあけるのは、停まってしまわないためのスペース確保!