エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


車間は2秒で


前の車から何秒開けて走ろうか。恐らく誰もが知りたいのはココのはず。
 
2秒。とにかく2秒の車間をとろう。
こいつを守ってやれば、誰だってエコドラできるようになる。
 
唐突すぎた。説明しよう。
 
まず、車間距離を考えるときは、その場の流れに乗っていることが前提だ。要するに前の車と同じスピードで走っていることになる。まぁこれはアタリマエの話で、前の車の方が自分より速ければ車間はどんどん開いていくし、自分の方が速ければみるみる狭まっていく。
 
こいつを言い換えると、車ってのは流れに乗り車間を保って走ってるのが通常で、何かが起きると車間が広がったり狭まったりする。ほかの車に何かあったときの備えが車間距離なのだ。
”何か”ってのは別に事故とかって意味じゃなくて、どっかの店に入るためにブレーキ踏んだり、車線変更したり、追い抜きのために加速したり、信号や急カーブや工事なんかで減速したりっていう、道走ってたらそこらへんに普通に転がってる速度変化のことね。
 
先行車と全く同じタイミングで全く同じ強さで加減速できるんなら、車間なんて1cmでも大丈夫。けどそんなのムリ。少なくとも人間が運転する乗り物である内はムリ。
 
要するに、前の車にぶつからないようにするためのクッションが車間ってこと。こいつが狭いと思うように走れないのは束縛から逃れろ!で書いた通り。
 

で、どれだけ分厚いクッションが必要かというと、最低でも2秒、ということなのだよ。まずはとりあえず動画を見てほしい。
 

 
ここでは道路標識を目印にして、前の車が通り過ぎてから自分が辿り着くまでの秒数を計っている(目印は道路の近くにある動かないものなら何でもいい)。
 
このときの速度は60km/h。まぁよくある光景だ。
横が見にくいのでこのムービーでは正確なところが分かりにくいが、だいたい1.9秒〜2秒くらいの車間だってことが分かるだろう。
 
その後、2台前が左折したので、前の車がブレーキをかけて速度を落としている。
というかそれ以前に、2台前の車がいることに気付いただろうか?こんなのは車間が狭すぎて前の車に支配されてる典型だ。
 
2台前がブレーキ踏んだので仕方なく前の車も減速している。恐らく20km/hくらいまでは落ちてるだろう。その後アクセル踏んでスピードを回復している訳だが、エコドライブ的な感覚からすれば、無茶苦茶ムダでしょ?
 
一方、車間を2秒開けてた私はどうか。55km/hまではスピード下がったが、それだけ。見にくいけどスピードメーター見てもらえば分かる。あとは車間距離を回復しつつ速度回復。
前方で一悶着あったものの、ほとんど60km/h定速走行できているのだ。これ以上のエコドライブってある?
 
今後説明を加えていくが、こうして前の車の影響を避けつつスムースに走れる車間が最低2秒なの。この程度の車間なくして思い通りに運転できないし、エコドライブなんてできっこない。まずは肝に銘じてほしい。

2秒の車間を開けて、加減速の少ないドライブを!