エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


車間距離は数えるもの


車間距離が大事ってのは分かったケド、それじゃいったい前の車と何m離れてりゃいいの?
 
こんな質問、答えられんよ。
どこをどれくらいのスピードで走ってるのかによって全然違う。高速道路でも市街地でもこれだけ車間があれば大丈夫、なんてこと言えるワケない。言い出したらキリがない。バシバシ場合分けしなきゃならん。
 
たとえば教習所で習う車間距離。
「危ない!」と感じてブレーキを踏むまでに走ってしまう距離(空走距離)と実際に車が止まるまでに走ってしまう距離(制動距離)を足して、こんだけ車間とっておけば大丈夫ってヤツね。たぶん誰もが習ってると思う。忘れてるかもしれんけど。
 
20km/hで走ってるとき 9m
30km/hで走ってるとき 14m
40km/hで走ってるとき 22m
50km/hで走ってるとき 32m
60km/hで走ってるとき 44m
70km/hで走ってるとき 58m
80km/hで走ってるとき 76m
90km/hで走ってるとき 93m
100km/hで走ってるとき 112m
 
こんなもん、覚えられるかぁーッ!
現実の交通に即しているかどうか、なんてこと以前に、誰も覚えられん。そもそも距離ってヤツはそう簡単に正確に把握できるもんじゃない。周囲の物体に惑わされて人の目はすぐ錯覚起こす。
 
結果的に、現実として全く意味がない。
意味ないこと考えても時間のムダだから、”何m”とか考えるのは止めよう。
 
距離をmで考えなくてどうするよ?って気もしてくるが、ここは時間で考えた方が分かり易い、というか適してる、というか応用が利く。
つまり”前の車から何m開いているか”ではなく”前の車の何秒後ろにいるか”考える。
時間で距離を表すことに違和感覚える人もいようが、たとえばほら、天体の距離を表す”光年”みたいなもんだと思ってくれればいい。
 
車間距離を時間で測るのはそんなに難しくない。
 
電信柱でも広告でも何でもいいから、前の車が通り過ぎたときから「0、1、2、3、・・・」と心の中で数えればいい。別に声に出してもいいけど。「い〜〜ち、に〜〜い」でも「ちゃ〜、しゅ〜、め〜ん」でも何でも好きにしてくれ。要は秒数が数えられりゃいいんだから。
 
正確に秒を刻むのも簡単じゃないけど、2秒だか3秒だかのことだし、1割や2割狂ってしまっても大したことない。これくらいの精度ならば、時計を見ながら少し練習すれば誰でもできるハズ。運転中ってことを考えれば、ラジオの時報を聞くのが一番的確かな。
 
少なくとも距離を測るよりはアクビが出そうなくらい簡単。意外と面白いし、やってみてくれ。

車間距離は体内時計で把握しよう。