エコドライブ

本気!?エコドライブ! 実際に活用できなきゃ意味がない!


束縛から逃れろ!


アナタがどう頑張っても、絶対できないことがある。
 
前の車は通り抜けられん。
 
幽霊じゃないんだから、できっこない。アナタがとか書いたが、誰にもできん。もちろん私もだ。
もし前の車をパスしたければ、横に出て追い越すほかない。
 
クダランと思うなかれ。車間距離のキモはここにある。
 
車は基本的に前に進む。前車を通り抜けられないなら、追突する前にブレーキ踏むしかない。いつでも横に出て追い越せるワケじゃないからね。
 
つまり走行中は前車によって行動を束縛される。
 
この束縛は車間距離が詰まるほど強くなる。正しくは、走ってるスピードに対して車間が狭いほど強く束縛される。
なぜならスピードが出てるとき車間が狭いと、前車がブレーキ踏んだらすぐにブレーキ踏んでやらないと突っ込んでしまうからだ。停まってるときはどんなに詰めてても大して関係ないけどね。
 
結構なハイスピードなのにピッタリつけて走ってる人も見かけるが、こんなのはもはや束縛どころか支配されてると言っちゃっても過言じゃない。
こうなるともう、自分のドライブテクニックなんて関係ない。誰だか知らない前車の技量に依存して走ってるようなもんだ。当然エコドラなんてムリ。ついでに言えば、速くも走れない。だってスピードも前車のドライバー次第だもの。自分ではどう考えてるか知らんけどね。
 
レースなんかだとテールツーノーズ(tail to nose)って言って、前の車にピッタリつけて走ってるけど、あんなのは別。相手の技量がだいたい分かってるから加減速のタイミングも分かるし、そもそもいきなり急ブレーキしてコンビニに入ってくようなことはない。だからピッタリつけるんだよ。
前走ってるのが誰なのかもワカランのに、公道でレーサーのマネするなんて自殺行為だ。
 
ということはつまり、うまいこと走りたければ車間距離を詰めないこと。
車間を開けて前車の支配を逃れる。エコドラも速く走るのもスムースに動くのも全てこれが大前提。知らないうちに前車に支配されてちゃテクニックも何もあったもんじゃないからね。
 
それと、やってみれば分かるが、車間距離が狭いと前車のお尻を凝視してなきゃならない。だってブレーキのタイミングを一瞬でも逃したら追突しちゃうんだから。
 
独りで走れりゃベストだがで視点と車間距離はリンクしてるって書いたのはこういうこと。
 
走行中に遠くを見られない人は、実は前車に近づきすぎてて、そのお尻を凝視せざるを得なくなってる可能性が高い。ついでに目の前のお尻ばっかり見てると無意識のうちに車間が狭まってくる。
反対にできるだけ遠くを見るよう心掛ければ、自然と車間距離がとれてくる。
 
エコドラの基本は視点の置き方にあるって意味が、少しはご理解いただけただろうか。

前車の束縛から逃れるため、車間を詰めるクセを直そう!