長鼻目

コンゴ共和国 1994コンゴ共和国 1994コンゴ共和国 1994コンゴ共和国 1994
パレオマストドン
Paleomastodon
(ゴンフォテリウム科)
(長鼻目)
アメベロドン
Amebelodon
(ゴンフォテリウム科)
(長鼻目)
プラティベロドン
Platybelodon
(ゴンフォテリウム科)
(長鼻目)
マストドン
Mammut
(マストドン科)
インド 1951インド 1963日本 2005モーリタニア 1977
ステゴドン
Stegodon ganesa
(ステゴドン科)
アジアゾウ
Elephas maximus ♂
(ゾウ科)
ケナガマンモス
Manmuthus primigenius
(ゾウ科)
アフリカゾウ
Loxodonta africana
(ゾウ科)


ニジェール 2005 白銅+真鍮の環
アフリカゾウ
Loxodonta africana
(ゾウ科)
(長鼻目)

プラティベロドン
Platybelodon
(ゴンフォテリウム科)
(長鼻目)
アジアゾウ
Elephas maximus
(ゾウ科)
(長鼻目)
ナウマンゾウ
Palaeloxodon naumanni
(ゾウ科)
(長鼻目)
エンペラーマンモス
Mammuthus imperator
(ゾウ科)
(長鼻目)
ケナガマンモス
Manmuthus primigenius
(ゾウ科)
(長鼻目)
アフリカゾウ
Loxodonta africana
(ゾウ科)
(長鼻目)


長鼻目の長い「鼻」は鼻と上唇が一緒に伸びたもので強い筋肉質でよく動き、中に2本の鼻の穴が通っています。現存する陸上の動物としては最大のもので、足は太くて長いが、首は短く頭は巨大です。指先で歩く指行性ですが、それぞれの足に5指があり、指の骨は共通の肉塊の中に収まり、その肉塊が布団の役目をなし、足底は大きな円盤状になっています。

NEXT 切手へ ホームページへ