三葉虫綱

英領南極地域 1990カナダ 1990
トリプラグノスタス(三葉虫)
Triplagnostus sp.
(プティチャグノストゥス科)
(アグノストゥス目)
パラドキシデス(三葉虫)
Paradoxides davidis
(パラドキシデス科)
(レドリキア目)
トンガ領ニウアフォアウ 1989中国 1958フィンランド領オーランド諸島 1994
オレノイデス(三葉虫)
Olenoides serratus
(コリネクソス科)
(コリネクソス目)
カオリシャニア(三葉虫)
Kaolishania pustulosa
(カオリシャニア科)
(コリネクソス目)
アサフス(三葉虫)
Asaphus
(アサフス科)
(アサフス目)
英領南極地域 1990チェコスロバキア 1968スロベニア 2000
ライリアスピス(三葉虫)
Lyriaspis sp.
(ライリアスピス科)
(プチコパリア目)
セレノペルティス(三葉虫)
Selenopeltis buchii
(オドントプレウリア科)
(リカス目)
パラディン(三葉虫)
Paladin bedici
(プロエトゥス科)
(プロエトゥス目)


トリアルツルス(三葉虫)
Triarthrus
(オレニス科)
(プチコパリア目)
ケッテュネラスピス(三葉虫)
Kettneraspis clavatus
(オドントプレウリア科)
(リカス目)
プシコピゲ(三葉虫)
Psychopyge
(ダルマニティス科)
(ファコプス目)
セラウリヌス(三葉虫)
Ceraurinus
(チェイルルス科)
(ファコプス目)


参照資料
A Guide to the Orders of Trilobites三葉虫の分類
地球が生まれてから46億年、生命が誕生して30億年以上経っていると言われています。
そして、先カンブリア代、古生代、中生代、新生代という地質時代を経て、私達の生きる時代がやって来たのです。
節足動物の体の構造の最も基本的な特徴は、体の全部の環節にそれぞれ一対の、環節のある付属肢があることです。一番最初の環節を先節と呼び、次の節から体節と呼びます。口は先節と第一体節の間に開いている消化管の入口で、体内を縦走して肛門に終わります。
節足動物のうちでも起源が古く、古生代に栄え、古生代と共に滅びた海産の三葉虫では、先節の付属肢が触角になっていますが、それより後の体節の付属肢はすべて、殆ど同じ形の歩行肢です。三葉虫の分布は世界的に広く、化石として1500属以上約1万種が知られています。体長には0.5〜70cmほどの変化がありますが、2〜4cm位のものが多いです。

NEXT 切手へ ホームページへ