ハト目

ブルガリア 1984ブルガリア 1984ブルガリア 1984ブルガリア 1984
カワラバト
Columba livia
(ハト科)
ヒメモリバト
Columba oenas
(ハト科)
モリバト
Columba palumbus
(ハト科)
ドバト
Columba var. domestica
(ハト科)
チリ 1948日本 1984日本 2000パフアニューギニア 1977
チリバト
Columba araucana
(ハト科)
アカガシラカラスバト
Columba janthina
(ハト科)
リュウキュウカラスバト
Columba jouyi
(ハト科)
パプアマミムナジロバト
Gallicolumba jobiensis
(ハト科)
ブルガリア 1984スウェーデン 2004日本 1963英領ドミニカ 1969
コキジバト
Streptopelia turtur
(ハト科)
シラコバト
Streptopelia decaocta
(ハト科)
キジバト
Streptopelia orientalis
(ハト科)
アカメヤマバト
Gymnophaps albertisii
(ハト科)
フィジー 2009フィジー 2009パフアニューギニア 1977フィジー 2009フィジー 2009
ニシキヒメアオバト
Ptilinopus perousii
(ハト科)
ヒメアオバト
Ptilinopus porphyraceus
(ハト科)
キビタイヒメアオバト
Ptilinopus aurantiifrons
(ハト科)
キガシラヒメアオバト
Ptilinopus layardi
(ハト科)
オレンジバト
Ptilinopus victor
(ハト科)
パフアニューギニア 1977パフアニューギニア 1977パフアニューギニア 1977
オウギバト
Goura victoria
(ハト科)
ゴクラクバト
Otidiphaps nobilis
(ハト科)
バラムネミカドバト
Ducula zoeae
(ハト科)
キューバ 1974タイ 1967南アフリカ 2000ラオス 1994
リョコウバト
Ectopistes migratorius
(ハト科)
カノコバト
Spilopelia chinensis
(ハト科)
アフリカアオバト
Treron calvus
(ハト科)
ドードー
Raphus cucullatus
(ドードー科)


インドネシア 1971 白銅
オウギバト
Goura victoria
(ハト科)
(ハト目)

ドバト
Columba var. domestica
(ハト科)
(ハト目)
リュウキュウカラスバト
Columba jouyi
(ハト科)
(ハト目)
キジバト
Streptopelia orientalis
(ハト科)
(ハト目)
アオバト
Sphenurus sieboldii
(ハト科)
(ハト目)
リョコウバト
Ectopistes migratorius
(ハト科)
(ハト目)
ショウキバト
Geophaps plumifera
(ハト科)
(ハト目)
オウギバト
Goura victoria
(ハト科)
(ハト目)
ドードー
Raphus cucullatus
(ドードー科)
(ハト目)


ハトは、全世界の熱帯と温帯とに分布していますが、東洋区とオーストラリア区に最も発達し、多くの種類が棲んでいます。羽毛は抜け易く、ちょっと触ってもすぐ抜けるのは、タカ類に襲われたときの自己防衛の構造であると言われています。一般に木の実や穀類などの植物性のものを食べていますが、種類によっては塩分を好むものもあります。水を飲む時には、くちばしを水に入れたままで飲み、他の鳥の様に頭を上方に伸ばして水を飲み下す事はありません。雛は親鳥の喉までくちばしを差し込んで、未消化のいわゆる”ハトの乳”で育てられている点も他の鳥と習性が違っています。
ドードーは、マダガスカル沖、モーリシャス島に生息していた絶滅した鳥類です。発見されてから180年も経たずに絶滅したため、固有種を絶滅に追い込む人間の非業さを物語るものとして扱われます。すでに絶滅していることと音が擬音か何かの様であるため、何を指しているのか分かり易くするためドードー鳥と呼ばれることもあります。

NEXT 切手へ ホームページへ