Q&A 宗教トラブル110番が出版されました

1999.5.4登録

 4月2日、「Q&A 宗教トラブル110番−しのびよるカルト−」(山口広・滝本太郎・紀藤正樹著、民事法研究会発行、1,800円)が出版されました。
 目次を紹介します。


第1章 こんなときどうしたら?

 精神的被害を受けたら 
Q1 娘が自己啓発セミナーに毎日遅くまで通っているがだいじょうぶか
Q2 友人が参加して人が変わってしまった自己啓発セミナーとは何か
Q3 娘が合同結婚式に出て外国人と結婚すると言い出したがどうしたらよいか
Q4 まことの家庭再建運動は統一教会が行っているのですか
Q5 ハンドパワーで病気が治るという宗教教団に入っているが不安です
Q6 娘がインド系の道場に貯金を献納しているがどういう道場か
Q7 法の華三法行のセミナーって何ですか
Q8 夫が折込チラシの性格チェックで人が変わってしまった
Q9 駅頭で「祈らせてください」と声をかけてくるのはなぜですか
Q10 自己啓発セミナーに通っていた息子が突然自殺したが責任は誰に?
 経済的被害を受けたら 
Q11 霊感商法−高価な印鑑や大理石の壷を買わされた
Q12 一人暮らしの資産家を狙う巧みな手口
Q13 献金を続ける父の老後が心配です
Q14 先輩から宝石展や絵画展に誘われているがどうしたらよいか
Q15 姪に健康フェアーに誘われ人参液を勧められたが買ってもよいか
Q16 終末が近いから財産を分けてと要求する娘をどうしたらよいか
Q17 霊視商法にだまされたが祈祷料を取り返せるか
Q18 祈祷料は信仰に基づくものだとしても返してもらえるか
Q19 〇〇易断で因縁を解くためにと高額なお金をとられたがどうすればよいか
Q20 テレビで有名な霊能師に高額なお墓の建て替え費用を払ったが取り戻せるか
Q21 宇宙パワーというインチキ療法を放映・紹介したテレビ局に責任はないのか
Q22 特殊な治療に高額料金をとられているがだいじょうぶか
Q23 健康になれるという棒をだまされて買ったが返却して代金を取り戻せるか
Q24 教団に入るためにしたサラ金からの借金が返せないがどうしたらよいか
 家族が崩壊しそうになったら 
Q25 統一教会−妻が突然韓国に行くと言いだした
Q26 共同生活をしている団体から孫を連れ戻したい
Q27 妻が宗教に夢中という理由で離婚できるか
Q28 妻の宗教が原因で離婚するが、子どもを妻に渡したくない

第2章 マインド・コントロールとカルト

 マインド・コントロールのテクニック 
Q29 日本で起きた宗教事件
Q30 海外で起きた宗教事件
Q31 カルトって何ですか
Q32 「カルト」は「オカルト」と違うものか
Q33 破壊的カルトにはどのような特徴があるか
Q34 洗脳とマインド・コントロールとはどう違うのか
Q35 「マインド・コントロール」はどこにでもあるものではないか
Q36 心の変容過程について教えてください
Q37 マインド・コントロールの手法
Q38 破壊的カルトに入会後もマインド・コントロールは継続されるのか
Q39 カルトが知識人など外的権威をつけられるのをやめることはできないか
Q40 新聞広告で大きく出ている本は信用できるか
Q41 カルトのメンバーの価値観はそんなに違うのか
Q42 犯罪までさせるカルトのテクニック
Q43 破壊的カルトでは薬物を使ったりするのか
Q44 マインド・コントロールされたうえで犯した罪でも刑事責任を問えるか
 被害回復のためには 
Q45 脱会したいが全財産をあげてしまったため脱会後が不安
Q46 土地を布施させられた方はその後どうなっているか
Q47 妻が勝手に献金した私の貯金を取り戻せるか
Q48 オウムの信者が破産管財人に献金を返せと要求しているのはなぜか
Q49 宗教団体の指示による海外派遣先での娘の死亡の責任を宗教団体に問えるか
Q50 教団の活動での過労が原因となった事故の責任は?
Q51 給与から献金が天引きされていたのを取り戻したい
Q52 教団の運営する会社では残業も奉仕として手当てがでないが許されるのか
 カルトから脱けるには 
Q53 しつこく恐いことを言う先輩にどう対処したらよいか
Q54 確実に脱会するためにはどうすればよいか
Q55 どのようにカルトから脱会してくるのか
Q56 カウンセリングはどのようにするのですか
Q57 脱会カウンセリングはどのように行うのですか
Q58 カウンセラーにはどのような人がいますか
Q59 カウンセラーにはどのような義務があるか
Q60 脱会すればもう元気になるものなのでしょうか
Q61 家族は本人にどう対処すればよいか
Q62 危ない破壊的カルトの集団に入らないために

第3章 宗教と法制度

Q63 信教の自由−憲法の視点から
Q64 宗教法人法とは何か−法律の視点では
Q65 日本にはどのくらい宗教団体があるのか
Q66 宗教法人の種類
Q67 宗教法人と税金
Q68 宗教法人が行うことのできる事業
Q69 法人でない宗教団体と税金
Q70 宗教法人となるためにはどのような条件が必要か
Q71 オウム真理教事件で宗教法人法が改正された点は?
Q72 宗教法人の所轄庁はどのような権限があるか
Q73 問題ある宗教法人への措置
Q74 宗教法人への解散命令とは何か
Q75 暴力団が宗教法人をほしがる理由
Q76 外国のカルト対策
Q77 宗教法人に対する外部からの調査
Q78 近くに変な団体の建物ができそうだがどうしたらよいか
参考資料
@ 認証時の宗教法人「オウム真理教」規則
A 宗教トラブルを考える資料
B 宗教トラブルを考えるのに役立つホームページ
C 日本脱カルト研究会(JDCC)集団健康度チェック目録
D 宗教トラブルに関する相談窓口
・あとがき
・筆者紹介


 Q1の回答のみを紹介しておきます。

Q1 娘が自己啓発セミナーに毎日遅くまで通っているがだいじょうぶか
 娘の帰宅が最近極端に遅くなり、とても疲れている様子なので、問いただしたところ、「〇〇文化センター」とかいうところで人生のことなどについて勉強していると言うだけで、それ以上説明しようとしません。だいじょうぶでしょうか。
 だいじょうぶではありません。娘さんは、人生の大きな岐路にあると考えて、ご両親でよく考え対応してください。
*狙われるまじめな独身勤労女性
 韓国の世界基督教統一神霊協会(以下、本書では統一教会と言う)は、全国各地の駅前などに、□□フォーラム、○○文化センター、△△ライフアカデミー、××カルチャーセンターなどと呼ぶ「ビデオセンター」を構えています。サロン風、落ち着いた喫茶店風で、まじめなお姉さまが時間をかけて対応してくれるので、そこが統一教会という宗教団体の教義を教え込むための場所だとは気がつかないのです。誘う側も、「ここで、本当の幸せとは何か、どうしたら充実した人生が歩めるか学べるんですよ。四〇巻のビデオを週一、二回通いながら見て、カウンセラーとの話があって、よければツーデーという二泊三日のセミナーもあります」という説明しかありません。聖書の話が出てくるので「世界のベストセラーですから聖書の話がでることはありますが、宗教とは関係ありません」というウソまでつくのです。
 特に二五歳ぐらいの独身女性は「私、このままでいいのかしら」と考える年ごろでもあるようです。統一教会には、銀看保アパ勤女(ぎんかんぽ・あぱきんじょ)という隠語があります。銀行員・看護婦・保母でアパートに住む勤労女性。統一教会にとって、そんな女性が伝道しやすいターゲットなのです。仕事は世間的に評価されていて収入もそこそこあるけれど、毎日忙しいばかりで、人生にうるおいがない。「私、このままこの仕事を続けていても、うるおいがない、いやな人間になってしまいそう」と思っている。人生をかけるほどの独身男も見つかりそうにない。夕方仕事が終わってアパートに帰っても、一人でテレビを相手にさびしく食事をして寝るだけ。
 そんなとき、駅頭でまじめそうな同年輩の女の子が「すみません。青年の意識アンケートに答えていただけませんか。どんなことに関心をお持ちですか」などと目をキラキラさせて話しかけてくると、ついその相手をしてみたくなる。そのような気持ちは筆者もよく分かる。ウン!
*娘さんとともによく考える
 熱心で、やたらあなたをほめてくれる信者の、しつこい誘いに乗って通っていると、あなたは組織=文鮮明のロボットになってしまいます。自分で考え、自分自身の感性で感じることを否定して、統一教会のお仕着せの考え方・感じ方に合わせるようになっていくのです。
 娘さんの場合も、決してしからないで、まず、本人が今どこまで深入りしているのかをじっくり聞いてあげましょう。ミイラ取りがミイラにならないように気をつけながら、娘さんが通っているところにいっしょに行ってみることも必要かもしれません。
 頭から反対すると、隠すようになり、かえってやっかいなことになります。本人は「私はいいことをしているんだ。親は今は反対しているけど、将来必ずわかってくれるし、私に感謝するようになる」と教え込まれてその気になっています。よく考え対応してください。


最近の=NEWS=に戻る。
「青春を返せ裁判」のホームページに戻る。