正体を隠した統一協会について街頭宣伝

1998.10.5登録

 9月27日午後、「青春を返せ裁判」を支援する会は、国民救援会岡山支部の宣伝活動に協力し、岡山市表町商店街で、真の家庭ビラとキャンデー、青春を返せ裁判や集会を知らせるビラを配り、公正裁判と証人採用を求める署名を集めました。
 キャンデー付きのビラなどの統一協会の正体を隠した活動について、ハンドマイクで宣伝する中で、男子高校生が「飴をもらったけど、大丈夫なん?」と聞いてたきり、「大変だろうけど、がんばって」と励ます人もいて、360枚のビラが受け取られ、11人が署名し、B子さんの陳述書冊子1冊が買われました。


最近の=NEWS=に戻る。
「青春を返せ裁判」のホームページに戻る。