霊感被害弁連の10大ニュース

1998.1.6登録

 霊感商法被害救済担当弁護士連絡会(東京)が、1月1日付で、以下の「1997年統一協会10大ニュース」を発表しました。

1、ついに最高裁判決くだる! 9月18日、最高裁は福岡献金訴訟について統一協会の上告を棄却し、統一協会の損害賠償責任を認める判決が確定。
2、4月16日、奈良地裁でも統一協会敗訴。統一協会の献金勧誘システム自体が違法であると、実態をこれまで以上に正確に認定した。10月24日、東京地裁でも統一協会に賠償を命じる判決が言い渡され、続々と統一協会敗訴。
3、世界平和家庭連合や真の家庭運動というダミー団体を名のり、360万組の合婚にむけて8月から全国一斉に署名活動を始めた。このため弁連には全国から問合せが殺到!
4、11月29日合同結婚式開く。が、ホイットニーはドタ・キャン。会場はスキマだらけで大失敗。
5、日基、父母の会、弁連で合同結婚式反対の共同声明を出し、単行本まで発行。「合同結婚式の手口と実態」(緑風出版から刊) 是非読んでネ。
6、北朝鮮日本人妻帰還運動にあわせて、「日本人妻自由往来実現運動の会」が暗躍。国会議員も統一協会の大幹部江利川安栄(=池田文子)にだまされている?
7、青春を返せ裁判(東京)で小山田秀生元会長がついに証言台に立たされた(2月)。
8、文鮮明は統一協会を世界平和統一家庭連合に変更と指示。これからは宗教団体じゃなく、社会運動団体なんだって? でも日本では変えることができないらしい。
9、ワコム(統一協会系コンピューター会社)の社長の恵藤洋治氏が日本の幹部に反乱か? それとも店頭公開ねらいなの?
10、おさわがせの成城教会。ついに成城から10月退去。杉田善忠成城教会長は豊島教会長に人事。


最近の=NEWS=に戻る。
「青春を返せ裁判」のホームページに戻る。