統一協会の合同結婚式に抗議するビラを配る

1997.11.29登録

[ビラ配り写真]  11月29日午後、「青春を返せ裁判」を支援する会の会員が岡山市表町商店街で、統一協会の合同結婚式に抗議する宣伝をしました。
 この日は、統一協会の「国際合同祝福結婚式」がワシントンDCで行われる予定の日でした。統一協会は、合同結婚式にむけて、ニセ募金活動や正体を隠したさまざまな催しを行い、市民からお金や人生をだまし取るなどの反社会的な活動をして、また最近では、「不倫をしません」などの項目に賛同する署名を集め、ワインを飲ませて、その人数で合同結婚参加者数を水増しするなどの準備をしてきました。
 支援する会の会員はハンドマイクで、それらの統一協会の活動を批判し、「両性の合意に基づかない合同結婚は憲法違反です」、「合同結婚から帰った信者が訪問して行う霊感商法に気をつけましょう」などと訴えました。そして、全国霊感商法対策弁護士連絡会などが作成したビラを通行人に配りました。


最近の=NEWS=に戻る。
「青春を返せ裁判」のホームページに戻る。