☆☆☆ろうそく


ろうそく
イギリスのあやとりです。
J. Gray 氏がエジンバラのカウゲート通り(Cowgate)の子供たちによく知られていたあやとりとして紹介しました。そこには12まで示されており、はさみではなくズボンと言っています。[3]
M. A. Hingston 氏がそれを補うように40年前のサマセットでの話として14までを紹介しました。[4]
このあやとりに付いている物語は、取り方中に示してあります。最後は [7] で追加されたようです。
Tallow Dips (Candles) というのは、牛の脂で作ったろうそくです。
  1. 左掌を上にして、親指以外に糸をかける。
  2. 左甲側の輪を左中指と左薬指を越えて掌側に持ってくる。
  3. 左掌の糸を左中指と左薬指にかける。
  4. 左人差指と左小指の輪を、右人差指と右中指で引っかけて引く。
  5. 左中指を左人差指の輪の中に、左薬指を左小指の輪の中に入れ、掌の糸を押さえる。
  6. 左人差指で左人差指手前の糸を手前から、左小指で左小指向こうの糸を向こうから、それぞれ押さえる。
  7. 右手の糸を放す。
  8. 左中指薬指の間から垂れている2本の糸を左中指薬指甲の糸の下を通して甲側へ引く。(4本の糸が甲側に垂れる)
  9. 左中指薬指甲の糸を掌側に持ってきて、左手を開いてその糸を引く。— ろうそくの束
    ある男が1ポンドのろうそくを盗み、自分の家に帰って壁にかけました。
  10. 右手で持っている輪を左親指にかけ、右手を放す。
  11. 右人差指で左中指甲の糸を、右中指で左薬指甲の糸を上から取り、左中指薬指から糸を外して、素早く左手を下に右手を上に持っていく。— 椅子
    疲れた彼は椅子に座って眠ってしまいました。
  12. 左親指から糸を外す。— はさみ
    目覚めたときは暗くなっていたので、彼はろうそくの芯を切るためにはさみを持ってきました。
  13. 左小指の糸を外して左右に引く。— 警棒
    そのとき警官が警棒(tipstaff)を持ってやってきました。
  14. 右中指の糸を外し、右人差指の輪を右手首に、左人差指の輪を左手首にそれぞれ落とす。— 手錠
    警官は男に手錠をかけて刑務所に連れて行きました。
  15. 左手前の糸を引くと、結び輪が右へ移動する。
    そして男は絞首刑になりました。
The Bunch of CandlesSome Scottish String Figures — p.117[3]
The Candles"The Candles" String Figure in Somerset — p.147[4]
Tallow DipsString Figures and How to Make Them — p.248[7]
The Tallow DipsCat's Cradles from Many Lands — p.74[12]
ろうそくあやとり 続々 — p.13[70]