スカンク


パタゴニアのあやとりです。
R. Martínez-Crovetto 氏がパタゴニアで採集しました。
S. Rydén 氏の [34] にボリビアで採集されたものが掲載されていますが、糸のかかり方が異なり取り方は示されていません。R. Read 氏が復元しました。[86]
このあやとりに関する解説は、哺乳類のあやとり「スカンク」 を参照してください。
  1. 左手首に糸をかける。
  2. 左手首向こうの糸を左親指に向こうからかける。
  3. 左手首手前の糸を向こうから取り、左小指に手前からかける。
  4. 左親指向こうの糸を左小指の下でつまみ、左人差指にかける。
  5. 小指の糸と親指の糸を外す。
  6. 左手から垂れている糸の先端部分をつまみ、左親指と左小指にかける。
  7. 右親指と右小指で、左親指と左小指から垂れている輪を下から取る。
  8. 右人差指で左人差指の糸を上から取り、左人差指の糸を外す。
  9. 左手首の糸を外す。
  10. 右人差指の糸を外し、左右に素早く引く。— 左の輪がふさふさした尾を表す

ボリビアのものは次のように取ります。

  1. 人差指の構え。
  2. 親指の糸を外す。
  3. 親指で下から人差指向こうの糸と小指手前の糸を押さえ、小指向こうの糸を人差指の輪の中から取る。
  4. 人差指の糸を外す。
  5. 人差指で親指手前の糸を取り、親指の糸を外す。
  6. 親指で人差指の糸の下から小指手前の糸を取る。
  7. 右人差指の糸を外す。(左人差指の輪にかかる小さな輪を中央寄りに移動しておく)
  8. 右掌の糸を左親指と左小指で取り、右手から糸を外す。
  9. 右親指と右小指で、左親指と左小指から垂れている輪を下から取る。
  10. 左親指と左小指でナバホ取りする。
Kealtsi (A Skunk)South American String Figures — p.38[34]
ZorrinoJuegos de hilo de los aborígenes del norte de Patagonia — p.53[47]
zorrinoFiguras y Juegos de Hilos de los Indios Maká — p.47[60]
A SkunkReconstructions of some South American String Figures — p.33[86]
SkunkString Figure Magazine Vol.6, No.1 — p.18[88]
borò (Rayfish)Reru: String Figures of the Brazilian Karajá Indians 1996-98 — p.plate 3[90]