掲示板に投稿された夢の中から、心を癒してくれそうなものをセレクトしています。
(その3)





1ワット100円 by 波路  2001/07/20


そこはまるで舞台のセットのような家のリビングでした。

しかも私の知らない家です。

どうやらみんなでなにかを相談している様子。

よく耳を澄まして聞いてみると、電気を盗むという相談でした。

驚いている私にそこにいたひとりが 「だって、1ワット100円は高いだろう?」と言うのです。

私は「ああ、1ワット100円はちょっと高いなあ」と思い電気を盗む計画に賛成するのです。

そして場面いきなり盗む場面へ(さすが夢です)。

電気はでっかい電球に入っているらしく、明るく光っている電球ほど電気が詰まっているようです。

みんなで電球(電気)盗むのです。

そこで追っ手がかかり・・・・ というところで現実世界へ覚醒しました。


魔王襲来 in 学校 by 波路 2001/07/21

そこは学校でした。

つくりは小学校なのにクラスメイトは高校のみんなでした。

そしてそこの校庭になんの前触れもなく魔王が現れます。

アニメやゲームに出てきそうな岩のような体に赤目の、もうみるからに魔王です。

そしてあぶないので下校するということになったらしくみんな帰っていきます。

私もつられて校庭に出ますが、どうゆうわけか魔王が私だけを襲ってくるではありませんか。

このままではやられる・・そう思った私は手をかざし呪文を唱えます。

すると光とともに透明なボーリングの玉のようなものが現れました。

ボーリング玉はゴトンっと落ちました。

失敗かと思いましたが、一応足で魔王の方に蹴ってみると、

ボーリング玉は魔王の足元まで転がっていき・・バコン!と申し訳程度の爆発をしました。

勝ち目がないと踏んだ私は今度は空を飛んで逃げます。

しかし魔王も追ってきます。

困った私があたりを見回すと広場で古本を売っていたのでそこに隠れて魔王をやり過ごしました・・・

というところで覚醒しました。

この夢はかなり印象に残りましたよ〜


娘の夢  by トム  2001/08/22

4か月になるミルクが大好きな娘の夢を私の想像で書きます。

寝ているときに口をパクパク動かしている様子から考えました。

目の前に映る広大なミルクの海。

結香は潮風が運ぶミルクの香りを胸いっぱいに吸い込んだ。うーん、いい香。もうお腹ぺこぺこ。

心の中でそうつぶやくと、結香はいつの間にかミルクの海の中にいた。

のどを潤す満足感。

あー生きてる。ママのお腹にいた頃を思い出すなあ。パクパク。パクパク。


その音が  by 夢遣い 02/01/03

薄い杯が割れるような〈音〉を夢に聴きました。

見たのではなくて、音だけ。

現実にはどこでも何も割れてなかったのに、「パリン」という音だけが聞こえた。

透明で愛しいような不思議な音でした。


月の長靴 by Shige  02/01/04

月の地表に落ちている長靴になった夢を見ました。

普通のゴムの長靴です。

上を見上げると地球が見えて、

「もう誰にも会えないな」と思いました。


風がさらう by bless  02/02/18

初めはそう、夢を見たことを私は忘れていた。

会社の休憩所にある大きな窓の横を歩いている。

いつもの見慣れた風景。空はカラっと晴れていて

分厚いが真っ白な雲が青を随分と覆っている。

雨など降りそうもないな、と思う。

不思議と、風を感じる。きっちりとしまった窓の一体どこから?

私は目を閉じていた。

時間にしたら、ほんの瞬きほどのような一瞬だ。

その瞬きの間、私は別の場所にいた。

窓、というよりは白いテラスの前に立っている。

白いカーテンなのか、それそのものが、

風の通る道なのか区別もつかない。

疲れや穢れをさらっていくような、

なんともいい難い気持だ。

やがて、テラスの枠も、私も風とともに

光に包まれて、そこで夢は終わった。

目を開ける。

もちろんいつもの見慣れた窓の前なのだ。

もう一度、同じ夢をみたような錯覚をしてしまった。

リフレッシュした気分でした


その2へ 扉へ戻るその2へ