マンホールの役割

 

 

何故、マンホールを道路上に設置しなければならないのか。
それは下水道管の点検、清掃、換気、採水のために必要だからである。

下水道管は長い間使っていると土砂や汚物が管底に堆積する。これらを除去しなければ下水道管の能力が小さくなり、上流で汚水が溢れることになったり、下水道管が詰まってしまう。定期的に下水道管内の状況を確認し、堆積物が多い場合には清掃するためにマンホールは必要となる。
昔、近代以前の下水道は雨水や汚水を都市部から排水するためだけだったので、水路で排水していたので、地上から見ることができたり、覆っている蓋を開ければ良いので、特定の場所に人が出入りするマンホールは必要なかった。マンホールが必要になったのは、市街地の広い範囲で汚物(屎尿)を下水道に流すようになってからであり、100年程度前のことである。
また、大きな口径の下水道管は中に人が入いることができるので、マンホールは数が少なくて良い。