◆サービス

【一般】

  • サービスはゲームの起点となる最初のストロークですが、テニスとは異なりアンダーハンドから打つことになるため、相手に主導権のある守備的な要素の強いストロークです。
  • 効果的なサービスとは、高さとコーナーに十分にコントロールして、相手に攻撃権を与えないものをいいます。
  • シングルスでは、相手の攻撃力を下げると共に自分の守備体勢を整えるためにバックバウンダリーライン近くへの高いロングサービスを用いることが基本です。しかし最近では攻撃型の選手に対しては先に攻撃権を与えないために、ショートサービスも多く用いられるようになってきました。
  • ダブルスではショートサービスが一般的です。ネットから浮いたショートサービスはプッシュの的になることが多いので、バックへのドライブサービスも適度に混ぜて用いられます。ただし、バックへの甘いサービスは格好のスマッシュの的になるため十分なコントロールが必要です。
  • バドミントンではサービス権がないと得点できないため、どんなに他のストロークが上手くてもサービスをアウトにしたり、甘いサービスを上げてスマッシュやプッシュで一発で決められたのでは、ゲームになりません。もっとも確実性が求められるストロークであるとも言えます。
  • サービスは一人で練習できる数少ないストロークです。どの位置からどのような形で打ったら安定して狙ったところに打てるようになるか工夫しながら練習してみましょう。コースや高さに満足できるストロークができたら、数を打って体に覚え込ませてしまいましょう。

【バックハンド・ショートサービス:ダブルス】

  • ラケットを短めにバックハンドのサムアップで握り、上半身の力を抜いて、利き足を少し前にして構えます。ラケットは体の前でラケット面が持ち手より低くなるようにし、シャトルはラケット面の少し上方で持ちます。
  • ラケットの面を正しく作ることが大事です。シャトルをインパクトするポイントとネットの白いテープの上側を結ぶラインに直角になるように面を固定します。
  • シャトルはラケット面に載せるようなイメージで離します。この時、シャトルを持つ手は動かさないようにします。サービスを打つ際には肘から先だけを使って、ラケット面を固定したまま押し出すような感覚で打ちます。テイクバックはほとんどする必要はなく、大きな動作をする必要ありません。
  • 手首は固定したままの方が安定します。センターライン付近へのサービスは、相手にとってもプッシュしやすいので、浮かないサービスが求められるため、手首をあまり使わない方が良いでしょう。
  • ショートサービスは集中力が鍵となります。相手もプッシュしようと狙ってきますから、タイミングをずらしたり、コースに変化を与えながら、確実に決めることが重要です。
  • ショートサービスのフライトはネットより少し手前で頂点に達し、相手コートのサービスラインに達するのが理想です。フライトの軌跡を考えて、ラケット面の位置や立ち位置、打球の強さなどを考えましょう。なるべく、サービスラインより前で、高い位置でラケットを構えることができるれば、より安定して入りやすくなります。背の高い人はアバブザウェストを気にせずにこれができますが、背の低い人がするとショートになってしまうので、サービスラインより少しさがった位置からサービスした方が入りやすくなります。

準備中
【フォアハンド・ショートサービス:ダブルス】

【ロングサービス:シングルス】

【ドライブサービス:ダブルス】