◆ドライブ

【一般】

  • ドライブは、シャトルがネットの高さすれすれに床と平行に飛ぶようなショットです。厳密には床と平行というわけにはいきませんが、極力平行、少なくともネットを超えてからネットより高くならないようにすることが重要です。
  • 特にダブルスでよく使われるショットで、相手との打ち合いの中で勝機をつかむための重要なショットです。時には、スマッシュのカウンターショットとして、決定打になることもあります。
  • 速いスピードのショットを心がけましょう。ドライブのような早いショットの応酬では、打った後すぐにシャトルが戻ってきますので、ラケットを振り切らずにすぐに次のショットに対応できるようにラケットをあげて構えておきます。

【フォーム】

  • フォアハンドドライブは肘を中心にしてラケット先端をしなるようにして、速いショットを出します。
  • 打点は高いものから、低いものまであらゆる場面に対応する必要があります。オーバーヘッドからサイドハンドまで自在に使いこなす必要がありますが、打球は体の前で捉えるようにします。
  • 肘を少し後ろに引き、ラケット先端を後方に向ける動作から、上腕を少し前に押し出すようにしながら、前腕を回内(内側に回す)運動させラケットを振ります。
  • インパクトの瞬間は、ラケットと前腕の角度が120度くらい(リストを立てるという)になるように注意します。ラケットと前腕が真っ直ぐな状態だと回内運動によってラケット先端のスピードが出ず、結局上腕だけで動かしていることになり、スピードがでません。
  • インパクトの瞬間までは、大きく体を動かせずに体の前でさばくように注意し、インパクトし終わってから、右足をだし、次の返球に備えた動作に移ります。
  • バックハンドドライブは、基本的にスマッシュレシーブのバックハンドと同様の打ち方ですが、打点は少し高い場合が多くなります。グリップはバックハンドグリップでサムアップ(親指を立てる)し、フォアと同様にリストを立てます。肘を曲げ、少し後方に引きながらラケット先端を後ろに(グリップの底が相手の方向に)した位置から、上腕を前へ外旋、前腕を回外(外側に回す)運動させラケットを振ります。
  • バックハンドドライブのインパクトの瞬間のリスト角度や動作はフォアハンドと同様です。ただし、バックハンドの場合、サムアップしているのでインパクトの瞬間に親指を押し出すようにして手首の回転力を加えたりすることも有効です。場合によっては、インパクトの瞬間に親指を支点として薬指、小指でグリップを握りしめるようにしてヘッドスピードを増加させる方法もあります。