インフルエンザ迅速検査について
 近年、咽頭拭い液や鼻腔拭い液などの検体を使って迅速にインフルエンザを診断するキットが普及してきています。 検査キットを備えている医療機関ではA型インフルエンザもB型インフルエンザも少し待っているあいだに結果が出るようになっています。 しかし、ここで注意して頂きたいことは検査の結果インフルエンザ陰性と出た場合はインフルエンザではないと断定されたわけではないことです。 検査で陽性と出た場合にはほぼインフルエンザと断定して間違いはありませんが、陰性と出た場合にはインフルエンザであることもインフルエンザ でないこともあり得るのです。特に発病後1日以内は感度が低いためインフルエンザであるのに検査では陰性となる可能性があります(これを偽陰性 と言います)。また、子供より大人の方が陽性率が低い傾向があります。検査で陰性と出た場合には最終的には主治医の総合的判断に委ねられる訳ですが 主治医が「検査では陰性だが臨床症状や流行状況から考えてどう考えてもこれはインフルエンザだ」と考えれば発症後48時間以内なら効果のある抗インフルエンザ薬を処方することに なります。従って、主治医が抗インフルエンザ薬を処方した場合には検査の結果が陰性であっても指示通りに服薬を続けることを強くお勧めします。 皮肉なことに抗インフルエンザ薬が効果のないと言われる発病後48時間以降にインフルエンザ迅速検査の陽性率は高いのです。強いて言えば発熱した24時間以降48時間以内が検査の陽性率も高く抗インフルエンザ薬の効果も期待できる貴重な時間帯と言うことになるでしょうか。いずれにしても、発熱したら直ぐにでも受診してインフルエンザの検査を受けることが良いというわけではないことだけはご理解いただきたいと思います。

 

インフルエンザの薬について
 インフルエンザに特異的に効果のある薬が開発されて、インフルエンザに対する有効な治療が可能になっています。ここで注意していただきたいことは、この薬がインフルエンザの発症後48時間以内に服用しないと効果がないことです。従ってインフルエンザの流行時期に39度近い(あるいはそれ以上)高熱が出た場合には翌々日までに医療機関を受診されることをお勧めします。またインフルエンザの薬は通常5日分処方されますが、たとえ1〜2日で熱が下がったとしても薬は最後まで服用されることをお勧めします。インフルエンザの薬が効果ある場合には通常服用2日までには8割近くの患者さんが解熱しますが、解熱した後もインフルエンザウィルスは排出され続けており、他の人に感染する危険性があるためです。

もどる