アニマルヒーリング(セラピー)犬・猫、うつ病・自閉症
奇跡体験に戻る

この頃、アニマルヒーリングや、アニマルセラピーという言葉を聞きます。
人がイヌやネコなどの愛玩動物に触れ合うことで、心を開いたり、元気を取り戻した
り、病気の回復が早まったりなど、いろんな効果があるようです。イルカのアニマル
セラピーなどが有名です。ペットを癒すアニマルヒーリングというのもあります。

以前、精神病(躁うつ病)で苦しんでいる、一人暮らしの女性を訪問したときでした。
そのときは、病状がかなり悪化して、再入院が必要な状態で、明日にでも病院に行
かなければならないと言う話でした。まだ年若いのに、それはつらい状況でした。
それで急遽、自宅を訪ねる事になったのである。

門を開いて中に入ると、突然、犬が近づいてきて、目の前に、チョコンとすわったので
ある。見るからに年老いた犬でした。私が腰を落として、前かがみになって犬を見ると、
その犬は私の膝に片足を乗せて、トントントンと三回ほど、まるで膝を叩くような「しぐさ」
をしたのである。不思議でした。

とっさに、犬に向かって「わかったよ、分かったよ、大丈夫だよ」と言うと、今度は後ろに
下がり、頭を上下に何度も振って、まるで「お礼」をするようなしぐさをしたのである。
不思議な光景でした。

そばで、その様子を見ていた女性は、一瞬顔色が変り、今までこんな事はなかったと、
目にいっぱい涙を浮かべていました。愛犬の思いも寄らぬ行動にびっくりした様子でした。
(後で聞くと、その犬は誰れが来ても、「大声で吠える」と言う話でした)。

愛犬の不思議な行動に、心を開いてくれたのが原因でしょうか。
二時間ほど滞在して「ヒーリング」を行ったら、目に輝きを取り戻し、顔つきもかなりよく
なり、この様子だと再入院も延期のように思われました。お会いした当初と比べると、
目の輝きが全然違っていました。

ヒーリングも終わり、帰りがけに、そのイヌに出会うと、じっと私を見て、また同じように、
「お礼」をするように頭を上下に振るのである。このような犬を見たのは初めてでした。
まるで、私が何のために来たのか理解しているような感じでした。なんか、心が通じて
いるようにも思われました。

それは、病気で苦しむ主人のことを不憫に思う、先短い老犬の願いだったのでしょうか。。
そのように理解しないと説明しきれないような出来事でした。もしかしたら、犬が私を呼んだ
のかもしれない。生きとしし生けるもの、すべては根本の部分で繋がっていると言われる。
そして、命あるすべてのものには、心が宿っているように思うのである。
だからこそ、アニマルヒーリング(アニマルセラピー)というものが効果があるのだと思う。
(イヌやネコを飼っている人なら、このようなことを実感していると思います)。

また、自閉症の子供からも好かれるみたいです。
自閉症の子供は、見知らぬ人には寄りつかないと言われますが、突然抱きついてきたり、
じっと手を握って離さなかったりする事もあります。私自身、とりたてて何かをするわけで
もないのですが。親の方がびっくりして、「こんなことは初めて」と、驚いたりします。

子供であれ、犬さんであれ、猫さんであれ、好かれることは嬉しい限りです。(^.^)

「生まれながらに、心身に障害を持って生まれてくる赤ちゃんは、障害があるからこそ、
やさしいお母さん、やさしいお父さんを"選んで"生まれてくる」、と言われます。元気な子供
と比べると、不憫に思うところもありましょうが、天から与えられた命です、溢れるほどの愛
を注いで育ててあげてください。どうかお願いします。
m(__)m

生きとし生けるものすべてには、私たちと同じ生命が宿っています。
犬や猫はもちろん、すべての動物・生き物には「魂」が宿っています。
そして、私たちと同じように、病気になったり、高齢になったりして、この世に別れを告げる
ときがやってきます。悲しいことです。この頃、愛する犬や猫の安らかな旅たちを願って、
ヒーリングを頼まれることがありますが、人間と同じように、旅立の日には、そばにいて最後
の別れを告げるようにしてください。m(__)m
NEXT >>
気の里ヒーリング・気功

犬・猫とアニマルヒーリング・セラピー、うつ病・自閉症