すぐマク http://www.max.hi-ho.ne.jp/happy/ Home      この画面を閉じるには、×ボタンをクリック

Findメソッド(Rangeオブジェクト)の引数一覧表
構文: object.Find(what, after, lookIn, lookAt, searchOrder, searchDirection, matchCase, matchByte, SearchFormat)
object : 検索対象のセル範囲を必ず指定する
what 以外の引数は省略可能
引数 内容 指定方法
what 検索内容 文字列など、セル内のデータに該当する値を指定
after 開始位置 指定したセルの次から検索が開始される。対象セル範囲の途中から検索した
い場合に指定する。省略すると 最初からとみなされる
lookIn 検索対象 xlFormulas (数式)、xlValues (文字/数値)、xlNotes (メモ) のいずれかを指定。
省略すると xlValues とみなされる
lookAt 検索方法 xlWhole(全部) または xlPart(部分) を指定。省略すると xlPart とみなされる
searchOrder 検索順序 xlByRows (行優先で検索) または xlByColumns (列優先で検索) を指定
searchDirection 検索方向 xlNext または xlPrevious を指定。省略すると xlNext とみなされる
matchCase 大・小文字区別 True を指定すると、大文字と小文字が区別される
matchByte 半角・全角区別 True に設定すると、半角と全角が区別され、False の場合は区別されない
(日本版 Excelは有効)
SearchFormat 検索の書式 True に設定するか省略すると検索に書式を含める、False の場合は含めない
※ 引数SearchFormatは Excel 2002以降で指定可能