アナログ・プレーヤーのパーツ
ホームページ

私のオーディオ

 


既にアナログプレーヤーを作っているところが極僅かになってしまって、新品は何れも大変高価なものしかない。

中古を手に入れると、今度は部品がかけていることが結構ある。まずはメーカーに問い合わせてみる手だが、殆どの場合メーカーが既に存在しないか、あっても部品のストックが無い。

こんな場合に、旋盤加工をやってくれるところがあれば、金属製のターンテーブルシート、アームベース、各種ウエイトを作ってもらって生き返らせることができる。金属加工の一品物をちゃんとやってくれるところは大変少ないが、vycoyoの工房へ問い合わせてみる手。詳細はycoyoの工房のホームページもご覧下さい。価格は何を基準にするか難しいが私の個人的な感覚では比較的りーゾナブルと思う。

これはvycoyoの工房で作っていただいたFR−64s/66s用の軽量ウエイト(W-170同等品)。11000円。

先にプラスチックのチップのついたイモネジは業種が異なるので、別の所から入手を試みている。