AC-UPS

オーディオ

ゲストブック

FRファンクラブ

メール

横浜の石川町にエジソン・プラザと言うところが有って、そこの2階(とはいっても電子部品は2階に3軒有るだけ、昔は名前の通りビル全体が秋葉原のガード下のような店だったらしいが)の相模電子(045-662-4767)で5000円でUPS(PICOU-1000C1KVA、常時インバーター方式、サイン波出力、ジーエス・イーイー株式会社)の中古を買って来て早速試してみた。
  • 電圧はテスターで見る限り100Vぴったりで正常。
  • 波形は下記の通りで、かなり正確にサイン波が出ている。
  • 電気スタンド(60W白熱灯)につないでみて、ついで500Wの電気ストーブにつないで、30分ほど運転してみたが、出力インジケーターは正常に反応し、煙を噴くとか変なにおいがすると言う異常は無い。
上が商用電源、下がUPSの出力。どう見ても上は台形波で下がサイン波? SPECTRAによる高調波+歪み
2.37%
0.37%

ちなみに、同じ方法で測定したサイン波(efuさんのWG120で発生)の”高調波+ひずみ”は0.0027%。”高調波+ひずみ”は測定方法で異なる値を示す可能性があるが、UPSで高調波が大幅に減っているのは確実と言える。

音は?うーん、まだ聞き込んでいないので良く判らない。私のシステムにつないだら、どうも5000円無駄使いらしいという評価だが、息子は自分のシステムで電研の安定化電源と似たような感じだといっている。これはRS-232Cでパソコンから設定を変更できるはずだが、周波数まで変更できるかどうか?

続けて聞いているが、低音は歯切れがよくなって、中高音は澄んだ音になって、付帯音(ホールの残響のように聞こえる)は無くなったが、良くなったのか悪くなったのか評価は難しい。再生レベルが低いと冷却ファンの音が気になる。電研の安定化電源のような劇的な効果(静寂感)が無いのは、このファンの音のためのような気がする。

更に鳴らしていたらピーピーと言う警告音が鳴り出し、見るとバッテリー異常の警告ランプがついている。どうやらこれがジャンクの理由らしい。さてどうなるか今日はもう遅いので、明日のお楽しみ。