LP(またはSP)からCDを作ってみましょう
ホームページ

私のオーディオ

ゲストブック

メール

 

LP(SP)からCDを作ったり。あるいは勿論生演奏でも良いがアナログ信号からCDを作るにはいくつかの方法がある。

1.内臓コンバーター:一番簡単なのは、パソコンのなかに内臓されているA/D、D/Aコンバーターを使う方法。これはかろうじて録音できるという程度で、ザーザーというノイズがひどくて音楽には使えない。特殊な音楽用のA/D、D/Aコンバーター・カードも売っているらしいが5万円ほどと高い。

CLEAN!plusと言うのがあって、これではアナログ入力をヘッドアンプで増幅してノイズの影響を軽減している。ヘッドドアンプ程度なら、器用な人なら作れると思う。

2.音楽用CD-Rを使用する:出始めは高かったが、もうかなり安くなっていると思う。これが操作としては一番簡単。難点は500円ほどする高価な音楽専用のCD-Rしか使えないこと。音楽用の高音質CD-Rだから高いといっているが、実体は著作権料が含まれていることと、音楽用というと高く売れるという程度のものではないか。同価格帯で価格で業務用が手に入るが、これは普通のCD‐Rが使えるので買うのならこちらをお勧め。

3.DTM用の機器を使う。これには大抵A/D、D/Aコンバーターが内蔵されている。今回使ったONKYO SE-U55(s)はそれらの中では一番機能が単純で、安価なもの(実勢価格で1.5万円)。これはアナログの入出力(RCAまたなミニジャック)とディジタル(光または同軸)の入出力をそれぞれ1系統ずつ備えていて、A/D、D/Aコンバーターを内臓。パソコンとの接続はUSBである。"DigiOnSound Light"という音の編集ソフトが付属されているので、本格的かどうかは別にして、これで大抵のアナログ機器、ディジタル機器につなぐことが出来て、編集を含めて一通りなんでも出来る。

SE-U55(s)の接続例

LPからCD:とりあえず、LPからCDを作ってみた。カートリッジは好みで良いが経験的には帯域の広いものの方がCDの出来映えがよい。程度の良いLPの場合は、レベル合わせ程度以外は殆ど加工する必要無く、出来たCDは黙っていれば、市販のCDなのかLPなのか気が付かないほど(これでは手前味噌になるので、何人かに配布して評判を聞いてみる)。ミニコンのMDの録音より遥かに良い。

パソコンの能力:アナログ信号をパソコンで扱うとやたら大きなファイルになる。例えばCD1枚で500MB程度だから、これを編集するとなるとこの2〜3倍の容量が必要。私はノートパソコンのFMV NE/36L(Celeron366MHz、メモリー192MB、HD6.4GBを使っているが、何とかできるがちょっと能力不足の感じ。CPUは倍ぐらいの速度。HDは20〜30GBないとHDがすぐに一体になって動かなくなる。実際にはMOを持っているので、完成したあるいは作業に使っていないファイルはこちらに移して容量を稼いでいる。

ノイズリダクション等の編集:古い電気録音の始まった頃のSPに挑戦してみた.。きったり貼ったりは勿論、ノイズリダクション、録音レベル合わせ、スムージングなど色んな機能がついているが、全てバッチ処理。LP両面分の信号をとり込むといずれの処理も10〜20分程度かかる。Pablo Casalsの1927年2月28日の録音。私の持っているのは勿論本物ではなくて、1964年にRCAから”Red Seal"というSPをLPに焼きなおしたシリーズの1つとして発売されて物。曲目はバッハのトッカータハ長調からアダージョ。

処理前後の波形

処理前後のFFT

ノイズ除去のソフトとしては、(株)スタインバーグ・ジャパンから発売されいるクリーン!(ソフトのみ定価12,800円)の方が名前の通り強力な様である。これを試してみたところ、LPのノイズはかなりきれいに取れるが、SPのノイズには殆ど効果がない。ノイズの周波数とパターンが違うためか。

もっと高級なものに(株)フックアップから発売されている、NoizeReduction2.0というものがあるが、これにはワンタッチでLPレコードのノイズを全て除く機能まであるが、ちょっと高いのでセミプロ用か。音声編集ソフトSoundForgeと併せて、実勢価格36,800円(ソフマップ秋葉原4号店調べ)

プロ用のノイズリダクション:本格的なプロ用のSPのノイズリダクション用の機種としてCEDARComputer Enhanced Digital Audio Restoration)というものがありリアルタイムで処理できて、ノイズの80%は除去できるといっているが数百万円する。これのWindows版があるらしいので幾らぐらいするものか調べている。特殊な分野なので余り安くは無さそう。

最近良く見かける”20bit Technology”によるリマスタリングにも色んな機能があるらしいが調査中。