ホームLANの勧め  

ホームページ

オーディオ

パソコンとホームLAN

花と園芸

料理

美術館と写真

随筆

 

 

2000年8月9日から「常時接続サービス」が使えるようになりました。これで電話代が半分になるはずです。

新聞のよるとフレッツISDNをやっているパソコンがハッカーの中継基地に使われる被害が頻発しているそうです。身近で実例もありました。対抗処置は長時間使わないとき(夜間とか出かける時)スイッチを切れば中継基地として機能しなくなります。長時間使わないときは必ずパソコンのスイッチを切りましょう。(2001年4月16日追加)

以下は実は1年以上前に書いたものです、NTTが常時接続サービス始めると接続先を変更するだけでそのまま役に立ちます。

1週間ほど前から、当家もパソコンが2台になり、2台ともインターネットにつなぎたかったので、ホームLAN (とはいってもパソコンを2台繋いで、2台の間でファイル、プリンタの共有と2台ともインターネットに繋がるようにしただけのいたって簡単なものです。) を導入する事にしました。 

道具立ては:

品名 仕様 価格
パソコン2台 Brezza(3年ほど前の古いもの) 400、000
NE/36L(画面か綺麗で気に入って今回買ったが、キイーボートが小さくて使いにくい) 263、000
ルーター COMSTARZ CMZ−RT−DS  35、000
LAN CARD Brezza用   1、300
FMV用   3、500
LANケーブル 10BASET 40m   3、300
配線のカバー     2、000
プラグ      500
ハブ     2、500
合計 パソコンを除く 48,000
4−5年前まではLANは、会社で導入するにしてもルーターが数十万円して大変な騒ぎでしたが、5万円弱でLANが出来るとは夢のようなことです。(インターネットに離れた場所にあるパソコンを2台同時に繋いで且つ電話も独立して使えるようにするために、ターミナルアダプターからルーターを買い替えましたが、これを別にしてLANだけなら1万円で出来ます)
Network用のソフトはWindows 98のみで、いずれ家庭内なので、セキュリテを気にしなければTCP/IPなどと言うややこしいものをやらなくても、これだけで十分です。
ISDNが既にあったので、息子が配線工事、ルーターとパソコンのセットアップをやってくれましたが2−3時間かかったようです。
どなたかやってみたい人がいらっしゃいましたら、メールでのお手伝い程度は出きると思います。
これから家を新築または改築なされる方は、電気の配線と同様にLANケーブルと同軸ケーブル(テレビのアンテナのケーブル)を各部屋に配線しておくことを強くお勧めします。電話のミニジャックと同じ外寸のLANまたは同軸ケーブル用のコンセントも売っています(松下電工)。