6082 SEPP OTL
ホームページ

私のオーディオ

私のオーディオPart2

私のオーディオPart3(SP-10MK2)

私のオーディオ番外(蓄音機) 

5998Aを購入した所から、6082(Raytheon)がなんと1本600円で手に入るので、OTLアンプを考えてみた。

この6082は6080/6AS7のヒーターが25Vのもの。従って4本直列に繋げば100Vで点火出来るので6.3V、2.5A X4のヒータートランスなんて厄介なものを使わないで済む。

  • 基本的には練習作なのでできるだけ簡単な回路。そこそこ音が出ればよい。
  • 手持ち部品でなるべく安価に
  • B電源トランスは使わないで電柱のトランスを有効活用する(100V、AC)。これを整流すると自動的にプラスマイナス130V位になる。感電防止にネオン管で極性が見れるようにする。
  • ドライバー部分のトランスは210Vセンタータップ付きの手持ちあり。ヒーターも6.3V、2.5Aと6.3V、1Aあり。
  • 構成は6AU6、5687WB又は(12FQ7)、6082X2でチャンネル当り16Ωで15W、8Ωで10W程度になる。

ネットと手持ちの雑誌から、繋ぎ合わせて書いてみた回路図は下記の通り。これで動きそうかどうか?

後になって気がついたが、手持ちの「AUDIO別冊 管球式アンプ自作マニュアル」(電波新聞、昭和52年)に斎藤宏嗣氏の「6080X4・12WX2(16Ω)」に有りました。

本体

電源