単子葉植物と双子葉植物

 植物のなかま分けのし方はいろいろありますが、植物学的には第1にふえ方をあげることができます。すなわち、種子でふえるものと、そうでないもの(胞子など)になります。
 種子でふえるものは花が咲きます。そうでないものは花が咲きません。種子でふえるものをさらに分けると、子葉の数になります。
 ここでは、その子葉について学習します。 

子葉の数

 種子でふえるものをさらに見ていくと、種子の中に初めから入っている葉を子葉(しよう)といいますが、これが1枚のものと2枚のものとに分けることができます。
 子葉が1枚のものを単子葉植物(たんしようしょくぶつ)、2枚のものを双子葉植物(そうしようしょくぶつ)といいます。
 双子葉植物の中で飛躍的に進化したものを真正(しんせい)双子葉植物といい、取り残されたものを原始的被子(ひし)植物とよんでいます。

 双子葉植物は、発芽するときに2枚の子葉が出てきます。まるい種子が二つに割れて双葉の子葉になるのです。

 単子葉植物の方は、発芽しても種子の中に入っていた子葉は出てこないのがほとんどです。最初に出てくるのは1枚であっても、それは本葉で子葉ではありません。

葉脈の模様

単子葉植物 双子葉植物

 葉脈(ようみゃく)というのは、葉のすじの模様のことをいいます。葉脈も、単子葉植物と双子葉植物とでは、特徴にちがいがあります。
 単子葉植物の葉は、平行脈といわれ、葉脈(葉のすじ)が平行で、あまり枝分かれしていません。しかし、単に平行と考えてはいけません。上の左から4つとも、みな単子葉植物のものです。
 Aはイネ、Bはカンナ、Cはヤマノイモ、Dはユリ。いろいろありますね。
 
 双子葉植物の葉は、網状脈(もうじょうみゃく)といわれ、葉脈が網(あみ)の目のように複雑になっています。
 ちょっと見ただけだと、どちらとも判断しにくいものもありますが、なれてくると、だいたいわかるようになります。

根のちがい

 単子葉植物と双子葉植物とでは、根の形にもちがいがあります。  

単子葉植物 双子葉植物
ひげ根 主根側根

 単子葉植物は、ひげ根とよばれ、細い根が図のように出ています。
 それに対して、双子葉植物の根は、太い主根(しゅこん)から細い側根(そっこん)が枝分かれしています。ちょうど木の枝のようです。
 双子葉植物の植物でも、挿し木(さしき)をすると、切り口から根を出します。これはひげ根で、側根とはちがうものですが、その後、成長して主根側根になります。
 単子葉植物の根は、主根側根になれなかったものとみてもいいと思います。