城北公園のサクラ (静岡市) 2006.3.27

 静岡市の中心に近い郊外に城北公園という大きな公園があります。
 敷地内には、静岡市立図書館があります。
 左の写真は、水の広場です。
 夏になると、子供連れでにぎわうところですが、さすがに3月では水遊びができないのでひっそりとしています。

 

 水の広場から東に進むと、運動場が見えてきます。
 もう少しすると、この道はサクラのアーチになるのですが、まだちょっと時期が早いようです。

 

 公園の中心にある築山の東側にグラウンドがあります。
 休みの日には、サッカーや野球、いろいろなスポーツが楽しめます。

 

 何という品種なのかわかりませんが、少しみどりがかったサクラが1本ありました。
 ソメイヨシノに比べると、ちょっと地味な感じがします。

 

 まだ、五分か六分のものが多い中で、たぶん八分咲きのソメイヨシノでしょうか。
 青空を背景にとてもきれいでした。

 

 築山に上る土手にもソメイヨシノが咲き始めています。
 数日後には満開になるかもしれません。

 

 グラウンドの周りの道の両側にも咲いています。
 4月1日からの静岡祭りまでもってくれればいいなと、誰しもが願っています。

 

 四阿(あずまや)が見えます。
 この西側の奥には、日本庭園が開設され、人気を呼んでいます。

 

 グラウンドでは、サッカーの試合でしょうか。
 静岡は、サッカーが盛んな地域なのです。

 

 まだ三分咲の樹もたくさんあります。
 サクラが終わって、4月下旬頃からは、純白のナンジャモンジャの花が咲き出します。

 

 これがナンジャモンジャの樹です。
 86本もあるそうです。自生ではなく、すべて移植です。
 ナンジャモンジャの本当の名前は、ヒトツバタガといって、モクセイ科の樹木です。