平成29年7月 9位】「梅雨の日の歓喜寺」幸治 良行


講評 須長孝榮先生

地味な色彩のアジサイが寺の境内という状況に似合う。
建物がやや大き過ぎるので、レンズの選択などで小さく扱いたい


  智光のトップページへ    8月・月例一覧へ

ご意見ご感想をお寄せ下さい。 全日本写真連盟いすみ支部