平成29年7月 7位】「都電荒川線」四之宮 武保


講評 須長孝榮先生

民家の間を通り抜ける都電は、
それだけ庶民の足であるのかもしれない。そんな様子が写真からうかがえる


  智光のトップページへ    8月・月例一覧へ

ご意見ご感想をお寄せ下さい。 全日本写真連盟いすみ支部