星船(ほしふね)伝説
      星船乗船名簿とは | 星船乗船名簿 | 星船伝説 

星船(ほしふね)乗船名簿とは、

この地球という惑星に生を受けながら、
事故・病気・老衰とさまざまな理由で地球を離れ、
大好きなお父さん・お母さん・仲間たちと離ればなれにならざるを得なかった
ぴおぬす達の名簿です。
 
では地球を離れたぴおぬす達はどうなったのでしょう。
:
:
彼らは星船(ほしふね)に集い、深宇宙を探検することになったのです。
 
ぴおぬす達の星船は、あびあん空間、略して「あ空間」を通り
時間と空間を超越します。
バラ星雲で超新星を観測していてると思ったら、早々に飽きて、
オリオン座を物見遊山航行したりなんかしています。
新しい星の誕生の時には、、みんなでお祭騒ぎです。
お祝いにはアルデバランの銘酒「グリーン」なんぞが人気です。
 
ときどき太陽系の地球のそばを通り過ぎることもあります。
そんなときには、地球にあるぴおぬす卵の中に
ちゃっかり転送しちゃったりするヤツもいたりします。
そうしてぴおぬす人生いや鳥生を卵からやり直すんです。
 
だから・・・
 
ぴおぬすのひとみが大きくてきらきら輝いているのは、
大宇宙の神秘を見てきたからだという人がいるんです。

ぴおぬすが物置と化している時は、
星の誕生のシーンをうっとりと思い出しているのだという説もあります。

ぴおぬすがマイペースでおっとりしているように見えるのは、
宇宙の深遠さ雄大さを思えば、あわてなきゃいけない事って、
そうそうは無いのだと思っている、という説を私は信じています。
 
 
 
星船の乗船名簿が増えることは決して望ましいことではないでしょう。
でも、既に地球を離れてしまったぴおぬす達がもし他にいたら、
ぜひ一緒に星船「ぴおぬす号」に乗りませんか。
人跡未踏いや鳥跡未翔の地へ、勇敢に冒険の旅へ!!


あ空間=アビアン空間 : Avian=鳥の
このページのトップへ    
トップページへ