世界の国旗
ルワンダ ≪ 戻る
ルワンダ共和国 (Rwanda/RWA)
正式 Republic of Rwanda 地域 アフリカ
首都 キガリ 人口 1,190万人
言語 キニヤルワンダ語 英語
フランス語
通貨 ルワンダ・フラン
ルワンダ共和国 ルワンダ共和国・国章
国旗 縦横比 2:3 国章
ルワンダ共和国 Google maps
■国旗の意味
2001年に現在の国旗に変更。
青(スカイブルー)は幸福と平和を、黄は経済的発展と鉱物資源を、緑は繁栄への希望と自然資源を表している。 24本の光を放つ金色の太陽は、結束と無知からの啓発、そして透明性を表している。

■国章の意味
結び目のある緑色のリングで構成され、リング内の上部に国名、リングの下には国の標語が母国語で書かれている。
【国章描かれている各要素の意味】
1.標語 : 結束、労働、愛国心
2.結び目のある緑色のリング : 勤勉な労働による開発
3.太陽 : 透明性、啓蒙
4.ソルガム(もろこし)とコーヒー : 豊富な農産物
5.バスケット(かご) : 節約、連帯、共有のルワンダの文化
6.車輪 : 科学技術、産業発展
7.二対の盾(たて) : 愛国心、国家主権の防衛、完全性、正義

■備考
もと王国であったが、19世紀末よりドイツ領、ベルギー委任統治領を経て1962年に独立。

■面積
2万6千平方km(九州の約1.5倍)
リンク ■ルワンダ大使館
WORLD FLAG
Since Jan. 16, 2001