世界の国旗
オランダ ≪ 戻る
オランダ王国(Holland (Netherlands)/NED)
正式 Kindom of the Netherlands 地域 ヨーロッパ
首都 アムステルダム 人口 1,700万人
言語 オランダ語 通貨 ユーロ
オランダ王国 オランダ王国・国章
国旗 縦横比 2:3 国章(紋章)
オランダ王国 Google maps
■国旗の意味
  国旗の起源は、オランダがスペインからの独立をかけた80年戦争
  (1568年〜1648年)まで遡る。
  蜂起の先頭に立ったオラニエ公の紋章の色がオレンジ、白、青で、
  オレンジ色は徐々に赤へと変化していった。
  1937年には赤、白、青の三色が正式なオランダの国旗として制定。
  オランダ王室に関する祝日には、しばしばオレンジ色のペナントと
  一緒に国旗が掲げられる。

■国章の意味(オランダ王室の個人的な紋章を国章としている)
  オランダ王室の紋章に描かれている金獅子は、知られている中で
  最も古いナッサウ家の紋章から受け継がれている。
  紋章の中央には連邦共和国由来の剣と矢を持った獅子が描かれ、
  剣は権力を、矢は州を表している。

■備考
  国の正称ネーデルランドは「低地の国」という意味(国土の1/4は
  海面より低い)。
  1581年、ハプスブルク王家の支配から脱し、17世紀に隆盛。
  1600年、初めて日本と通交。日本の鎖国時代に西洋文化の輸入は
  もっぱらオランダを経て行われた。
  住民はおもに新教徒。

■面積
  4万844平方km(北海道の約1/2)
リンク ■オランダ大使館  ■オランダ大使館公式ツイッター  ■オランダ政府観光局
WORLD FLAG
Since Jan. 16, 2001