世界の国旗
カザフスタン ≪ 戻る
カザフスタン共和国 (Kazakhstan/KAZ)
正式 Republic of Kazakhstan 地域 NIS
首都 アクモラ 人口 1,790万人
言語 カザフ語 通貨 テンゲ
カザフスタン共和国 カザフスタン共和国・国章
正式比率 1:2 国章
カザフスタン共和国 Google maps

■国旗の意味
1991年にカザフスタン共和国として独立した際に制定された。
青地は空、中央の金色は32本の光を擁する太陽と翼を広げて飛ぶ鷲を示す。左端にはカザフ人の伝統的な文様が縦に配置されるが、これは鷲の翼と雄羊をモチーフにしたものである。青地は、カザフスタンの広い空と自由を象徴している。

■国章の意味
この国章は、ソビエト連邦から独立した後の1992年に導入された。
国章の中央の円の中に三本の線が交差した形のものは、遊牧民の伝統的なテント式家屋の頂部にあるドーム型の構造、シャニラクを表したものである。黄色いシャニラクは青空の中に輝き、日光のような光を放射している。その左右に、神話に登場する翼を持つ馬が二頭背中合わせになり、その翼でシャニラクを支えている。頂上には黄色い星があり、底部の帯には「カザフスタン」という国名がカザフ語で書かれている。

■備考
1991年独立。
国土の大半は草原と乾燥した半砂漠。最近は運河や灌漑設備が整い、 ロシアに次ぐ穀倉地帯になっている。
カザフ人の間ではイスラム教スンニー派が優勢。

■面積
271万7千平方km(日本の約7.2倍)

リンク ■カザフスタン大使館  ■カザフスタン大使館公式ツイッター
WORLD FLAG
Since Jan. 16, 2001