世界の国旗
ベネズエラ
ベネズエラ・ボリバル共和国(Venezuela/VEN)
正式 Bolivarian Republic of Venezuela地域 南アメリカ
首都 カラカス 人口 3,200万人
言語 スペイン語 通貨 ボリバル・ソベラノ
面積    91万2千平方km(日本の約2.4倍)
ベネズエラの国旗 ベネズエラの国章
国旗 縦横比 2:3 国章
ベネズエラの地図 Google maps
■国旗の意味
エクアドルコロンビアなどと大コロンビア共和国を結成するつもりだったので、それらの国旗とよく似ている。
黄色は鉱物資源を、青色はカリブ海を、赤色は革命兵士の血を表し、左上に国章が配されている。
2006年、デザインの一部が変更され、独立時の州の数を表す中央部の星が7つから8つに(グアヤナ地域を加えた)、国章に描かれている馬の進行方向が右から左に変わった。

■国章の意味
左上の赤い部分には実った穀物の穂を束ねたような絵が描かれ国家の統一と豊かさを、右上の黄色い部分には剣、槍、弓矢が月桂冠で束ねられた一対の国旗等と絡んで描かれ独立の勝利を、青い部分には野生の白馬が描かれ独立と自由を表している。上部には一対の角とフルーツや花が豊かさの象徴として描かれ、左側のオリーブの枝と右側のヤシの枝の根本は国旗の3色のリボンで結ばれている。
■備考
15世紀末、コロンブスが発見。
1830年、独立。

【ベネズエラの現状】
原油の埋蔵量は世界最大。チャベス前政権は、その豊富な原油を背景に貧困層を手厚く支援してきたが、原油価格の下落などで経済が悪化。また、企業や農場を国有化し、食品などを安く統制してきたため産業が衰退して物不足となり、急激なインフレ(ハイパーインフレーション)となっている。
2018年8月、マドゥロ政権は通貨の単位を5ケタ切り下げるデノミ(デノミネーション=通貨単位の切り下げ)を実施したが効果は上がっていない。
(10万ボリバル → 1ボリバル・ソベラノ)
国際通貨基金(IMF)は、2019年中にもインフレ率が年率1千万%に達するとの予測を発表。
ベネズエラの経済は崩壊状態にあり、回復のめどは立っていない。
リンク
■ベネズエラ大使館 ■ベネズエラ大使館ツイッター
WORLD FLAG
Since Jan. 16, 2001