世界の国旗
アフガニスタン ≪ 戻る
アフガニスタン・イスラム国 (Afghanistan/AFG)
正式 Islamic State of Afghanistan 地域 アジア
首都 カブール 人口 3,340万人
言語 バシュトゥ語 ダリー語 通貨 アフガニー
アフガニスタン・イスラム国 アフガニスタン・イスラム国・国章
国旗 縦横比 2:3 国章
アフガニスタン・イスラム国 Google maps
■国旗の意味
黒は過去、赤は独立のために流された血、緑は未来への希望をあらわす。
中央の紋章には「アッラーのほかに神はなく、ムハンマドはアッラーの使徒」というシャハーダ(信仰告白)やモスクなどが描かれ、それを麦の穂と剣で囲んでいる。

■備考
イギリスとの三次にわたる戦争(アフガン戦争)を経て、1919年イギリス保護領から独立。
1979〜89年、ソ連軍が進駐。共産主義体制に反発するムジャヒディーン(イスラム聖戦士)は、アメリカ・パキスタン・サウジアラビアの支援を受けソ連を追放する。
しかし、異なる民族や宗派のムジャヒディーン同士で内戦が首都カブールで生じ、 多くの国民がイランやパキスタンに逃れた。
1994年、パキスタンで組織されたイスラム原理主義を掲げる新興武装勢力タリバンが南部を制圧し、その2年後には首都カブールを陥落。 北部同盟支配下地域を除く国土の9割を支配する。
2001年9月11日、アメリカでの同時多発テロ後、アメリカ軍の空爆、北部同盟の反撃によりタリバン勢力は崩壊。国連主導による難民支援、国家再興が行われている。
住民は、パシュトゥーン人が約半数、タジク人が約30%、そのほかハザラ人、ウズベク人。
宗教はイスラム教。

■面積
65万平方km(日本の約1.7倍)
リンク ■アフガニスタン大使館
WORLD FLAG
Since Jan. 16, 2001