DISCOVER北海道



本州の旅行者が東北に旅する時、仙台まできますと、青森まではもういくら もないと錯覚する人がありますが、これは大違いで、東京から仙台よりも仙 台から青森の方が遠いのです。 
我々の祖先は東北を大昔から「陸の奥」と書き、”むつ”または”みちのく”と 読みました。
【みちのく】とは道の奥であり、はるかに遠い国であることをしめしていまし た。仙台も青森も同じ陸奥の国であったため、仙台が東京より青森に近い 感がするのは無理からぬことでしょう。

北海道は、その遠い【陸の奥】からさらに海峡を越えて行くのですから、地 の果てに行くようなものです。その昔、朝廷に反抗した者たちが住む場所と 言われていました。
北海道はそれらの者が住む場所と考えられ、蝦夷(えみし)の国と呼び蝦夷 (えぞ)と音読したのです。それが子々孫々に語り伝えられ、現在になっても 北海道は遠く寒い所だとの感が残っていると思います。 

日本の歴史を覗くと西暦700年代の律令国家の時代には、西はすでに大 路が九州の太宰府まで通じていたのに、東はようやく中路が仙台から山形 県の遊佐まで通じており、小路が衣川の少し北まで開かれていただけで、 それから先は蝦夷征討の軍が往来するような始末でした。このことは近年 まで尾を引き、特に海をへだてた蝦夷地は中央文化の影響はなく、アイヌ 人たちの文化が深く根をおろしていました。その名残はいまも北海道のい たるところで見られ、地名、生活となって残っていて、本州の旅行者が北海 道を訪れると、異なった地に遊ぶ思いをさせられます。

また、都会に住む人間にとって、農村風景に接しますと、そこに古里を感ず ることが多いが北海道にはそれがありません。広大で雄大な原野の北海道 では、こじんまりまとまった古里は感じないのです。いいかえますと、どこか 日本ばなれしており、オホーツク海に面した紋別地方などは、シベリアのあ る地を訪れた思いがしてくるといわれます。

開発のおくれた地には、それだけ自然が残っているのは当然で、ましてや 地味でやせた土地の多い北海道は、やむなく開発を放棄されていたのもし かたがありません。
しかし、北海道の開発も明治以後には進み、北海道はようやく百数十年を かけて、その基礎ができつつあります。そしてこれからも大規模に開発され ようとしています。

しかし、日本の各地に見られるような野放図な開発を、自然を大切にするこ とを知った国民がもう許すはずはありません。開発といううたい文句にのっ て、ほとんど自然をほろばしてしまった日本人にとっては、この北海道こそ、 日本に残った唯一の大自然として大切に保存しようと努力することになりま す。だから、北海道はいつまでも緑豊かなネーチャーランドとして残ることに なります。北海道の大自然は、豊かな緑や原野に咲き競う色とりどりの花 ばかりでなく、日本を代表する野獣や野鳥にこよない住処を与えています。

日本最強の猛獣であるヒグマや海獣トドがいるかと思えば、かわいい鳴き 声をあげるナキウサギがおり、ゆうゆうとあたりを睥睨するオジロワシがい ますし、端正な姿をしたタンチョウヅルや、端正美の化身と思われるオオハ クチョウが舞います。
川にのぞめば、産卵のため身体をすりあって、多数のサケがのぼってくる など、大自然は惜しみなく彼らに楽しい日々を送らせています。このように 北海道は日本ただ一つ残った大自然郷なのであります。

最後に、北海道は味の宝庫といえるでしょう。そして豊かな産物は簡単な調 理ですばらしい味を発揮してくれるものばかりです。水産物としては、カニ、 イカ、ホタテ貝、ウニ、コンブ、サケ、シシャモなど。原野のものはトウモロコ シ、バレイショ、カボチャ、豆類があり、広い牧場からは牛乳やバターを始 めとした乳製品がありますが、そのいずれもが簡単な調理で最高の味をだ してくれます。こんな所は日本では北海道を除いてほかにありません。 

参考資料: 現在調査中です。

おわり



トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ