保険勧誘>アポなしでやってくる非礼さ



アポ無し勧誘の最たるものが生命保険の勧誘です。自宅に来るのならまだ しも、勤務先の研究室にまでやってきて、アンケートと称して氏名や年齢を 聞き出そうとします。
そもそも、アンケートに氏名など必要でしょうか、と思いつつ、私の場合、こ んなことは毎度の事で慣れているので立場上、適当に記入するようにして います。

数日後、保険勧誘者は、さりげなくバイオリズムなどを載せた資料を持って やってきて、アメや菓子を置いていく場合もあります。これは贈収賄になる のでは。
そして次にやって来たときは確実に生命保険の勧誘です。最初に聞きだそ うとする台詞は「いま何か生命保険にお入りですか」とほぼ決まっています。

ここで、「入っている」と言っても、掛け金などを聞きだし、あとどの程度の保 険に入れるかなど、支払能力を掴んでいるため、入りたくなければ答えない ほうがよいと思います。つまり、収入の何パーセントは生命保険を掛けられ るとふんでいるので、まだ余裕があると判断されたら何回でもやってくるの です。

生命保険に入りたくない場合の回答例として「私は高血圧で上が180もあ り保険には入れません」という必殺技があります。あるいは「心臓病という持 病があります」と答えておくと良いでしょう。これで、アポなし勧誘の被害から 自分を守れると思うのですが。
もし、保険に入りたければ、アブナイ保険会社は避けるべきと思います。倒 産は銀行ほどでもないでしょうが保険会社も例外ではありません。

おわり



トップへ
トップへ
戻る
戻る
前へ
前へ
次へ
次へ