Windows NT/2000/XP/2003/2008 PageWindows Server 2008 > Server Coreインストール時のWindowsUpdate
Server Coreインストール時のWindowsUpdate


自動更新を有効に設定します
cscript c:\windows\system32\ScregEdit.wsf /AU 4

自動更新を無効に設定します
cscript c:\windows\system32\ScregEdit.wsf /AU 1

自動更新の設定を確認します
cscript c:\windows\system32\ScregEdit.wsf /AU /v

標準設定では午前3時に実行されるように設定されます。


自動更新の手動実行
wuauclt /detectnow

自動更新インストールの実行(有効ではないかもしれません)
wuauclt /updatenow

インストールログの確認
notepad c:\windows\WindowsUpdate.log

自動更新関連のレジストリ(有効ではないかもしれません)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\Auto Update
値の名前レジストリ値の種類値のデータ
AUOptionsREG_DWORD 1 : コンピュータの自動更新が無効になります。
4 : 自動的にダウンロードして、スケジュールに従ってインストールします。
ScheduledInstallDayREG_DWORD 0 : 自動更新を毎日実行します。
1 〜 7 : 自動更新を実行する曜日(毎週日曜 (1) 〜毎週土曜 (7))を指定します
ScheduledInstallTimeREG_DWORD 0 〜 23 の 24 時間形式の時刻を 10 進数で指定します

レジストリの変更を伴いますので最悪サーバーが起動しなくなる場合もあります、十分注意の上行なってください。




Windows2008,Windows2008 R2のServerCoreに関する記述です。