教会学校

保護者の皆様へ!
 
 昨今、社会では企業の食品偽装が報じられています。人の眼さえ、ごまかせれれば何をしても良いという精神が背後にあるのではないでしょうか。聖書が示す生ける真の神様は全てをご存じです。生ける神様の前に実直に生きるという人生は、どの時代にも、どのような社会にあっても、大切ではないでしょうか。教会では幼いときから、神様を畏れ、人を愛することの大切さを教えています。最近、偏差値追求が主流の学校教育でも、いじめ問題の頻発から道徳の必要が論議されていますが、本当の道徳は、真の神様を畏れ、その前に生きるという信仰から始まるのではないでしょうか。保護者の皆様、日曜日にはご子息を是非教会学校によこしてください。クリスチャンでないご家庭のご子息の来会も心より歓迎いたします。



"主を畏れることは知恵の初め。これを行う人はすぐれた思慮を得る。主の賛美は永遠に続く。"(詩編 111:10)

こども達と両親のための特別集会を開きました。





9:10〜 礼拝(れいはい)

あいさつ
子供讃美歌(こどもさんびか) 59
主(しゅ)の祈(いの)り
初歩教理問答(しょほきょうりもんどう)
子供讃美歌(こどもさんびか)
聖書(せいしょ)ろうどく
聖書(せいしょ)のおはなし
お祈(いの)り
献金(けんきん)
献金(けんきん)の感謝(かんしゃ)の祈(いの)り
頌栄(しょうえい) 讃美歌(さんびか) 541

9:40〜 分級(ぶんきゅう)

幼稚科(ようちか)
小学生科(しょうがくせいか)
中学生科・高校生科(ちゅうがくせいか・こうこうせいか)

幼稚科と小学生科は、いのちのことば社CS成長センターの『成長』を利用して分級を行っています。
中学生科と高校生科はハイデルベルク信仰問答を学んでいます。
第3週の分級の時には全員でゲームをしています。

主な年間行事
バザー : 綿菓子やクレープ作りなどのお手伝いをしています。
イースター : イースターエッグを作っています。
夏季学校 : 夏休みに野外に出てキャンプをします。聖書の勉強をしたり、昆虫採集などをします。
アブラハムとサラの会(お年寄りの方のお祝い会) : お年寄りの方ひとりひとりにメッセージカードを贈ります。
クリスマス : クリスマス祝会で劇をします。サンタクロースがやってきます。

バザーの時のおもちつきの手伝い 夏季学校での水泳 アブラハムとサラの会でメッセージカードをお年寄りへ クリスマス祝会での降誕劇


ホームページの先頭に戻る