■□■□■ SF擁書楼2号室(オロモルフ)■□■□■

 SF擁書楼1号室に続いて、2号室のご案内です。
 この2号室には、CD−ROM版SFデータベースに入れた本の最後の部分が収納されています。



2−1
 入り口にある表札です。



2−2
 北から南を見た全体像です。



2−3
 南から北を見た全体像です。
 1号室の時に書き忘れましたが、SF擁書楼は地震に備えまして、丈夫なヒバ材を部屋全体に渡して、本棚全てをネジ止めしてあります。
 したがってバラバラに倒れる事はありません。全部一斉に倒れたらダメですけど、共振周波数が地震とはかなり違うので、たぶん大丈夫だろうと思っています。



2−4
 北から南を見た横の部分です。
 写真ではわかりませんが、こういう壁沿いの本棚も、すべてヒバ材を渡してネジ止めしてあります。



2−5
 南から北を見た横の部分です。

 SF擁書楼の収蔵書のほとんどは、背のラベルで発行年を表示していますので、その区分を記しておきます。
1.橙色のラベル→戦前戦中
2.茶色のラベル→終戦の日から1970年
3.青色のラベル→1971年から1975年
4.黄色のラベル→1976年から1980年
5.緑色のラベル→1981年から1985年
6.赤色のラベル→1986年から1990年
7.黒色のラベル→1991年から1995年
8.白地に赤円のラベル→1996年から2000年
 こういうラベルを背に貼りますと、古書店での値段がうんと下がりますが、やむをえません。



2−6
 ここから書庫を周回します。
 天上近くの作りつけの二段の棚を一周するのが最初です。
 出発点は、西側の棚の南端(写真の向かって左端)です。
 ここからしばらくは、「SF的な解説・評論・伝記・書誌類」です。これらはSFデータベースをフロッピイで出していた時には収録していましたが、系統的な収集が困難なので、現在はほとんど入っていません。
 さて、この写真を、以下、ラベルの色で説明します。
 左端が茶、中央が茶と青、右が青と黄です。
 左の方には、海野十三の科学解説やクラークの科学解説などがかなりあります。稀覯本も多少はあります。



2−7
 上の続きです。
 左端は黄、中央も黄、右端が緑です。
 SF的な解説が次第に増えてきます。



2−8
 西側の作りつけ棚の最後です。
 四区画ありますが、左の二区画が緑、右の二区画が赤です。



2−9
 2−8の棚から直角に折れて、北側の作りつけの棚です。
 左の上が赤で、ここで「SF的な解説・評論・伝記・書誌類」は終わります。
 つまり、ここにあるのは1990年刊行までで、1991年以降は別の場所に置いてあります。
 左の下から、「超常現象本」がはじまります。これも、1990年までのSFデータベースには入れていましたが、現在は略しているものです。
 右の方は、1990年までのSFデータベースにも収録しなかったSF的解説類です。



2−10
 2−9の棚から再度直角に折れて、東側の作りつけの棚に移ります。
 左の上は2−9の続きで、左の下は山田風太郎のエッセイなど。
 中央は、山田風太郎の重複本です。
 重複本は欲しい方には差し上げていまして、もうあまり残っていませんが、山田風太郎だけでもこの程度はあります。
 右の上から、いよいよCD−ROM版SFデータベースの収録書籍になります。
 順序が逆になりますが、ここからしばらくが、SFデータベースの最後の部分です。
 すなわち、1991年〜2000年の黒ラベルと白地に赤円ラベルの本の、中央公論からあとの出版社のものです。
 右の二段は中央公論の文庫と新書です。
(同じ出版社から同じ年代に出た本の並べ方は、文庫→新書→四六判などの順で、その中はシリーズ番号順と著者名の50音順とを混合しています)



2−11
 上の続きで、中央公論です。ほとんどは新書で、右の下が四六判などです。



2−12
 上の続きですが、ここから光文社になります。やはり文庫、新書、四六判の順です。
 右端の下の段から新潮社になります。



2−13
 ここで直角に折れて、南側の作りつけの棚になります。
 左から三つめまで、および右端の上までが新潮社です。
 右端の下から文藝春秋がはじまります。



2−14
 ここからまた直角に折れて、床に立ててある書棚に移ります。
 写真に撮ることが不可能なので見にくいのですが、左から五本の書棚が見えます。
 左端が文春・河出。
 次が河出・祥伝社・国書刊行会。
 次が国書刊行会・双葉社・実業之日本。
 次が実業之日本・アスペクト・勁文社。
 右端が勁文社・廣済堂・三一書房・扶桑社。



2−15
 上の続きです。
 左端は2−14の右端と同じ。
 次が出版社名のア行。
 次がア行〜カ行。
 次がカ行。
 次もカ行。
 出版社名の50音順は、歴史的経緯がありまして、昔はSFをあまり出していなかった版元を一括していたのですが、現在では大量に出している所もあります。
 たとえば学研などは、この20年ほど架空戦史ものなどたくさん出していまして、書棚の占有面積は相当なものです。



2−16
 上から直角に曲がって、北側の書棚です。
 カ行〜サ行があります。
 架空戦記のコスミックインターナショナルや、古典SFに理解のある出版芸術社など・・・。



2−17
 2−16の位置に立って右(東側)を見た写真です。ここからは本棚一つ一つを撮ることができません。
 左手前がサ行。
 左中央がサ行〜タ行。
 左奥がタ行〜ハ行。
 右奥がハ行。
 右中央がハ行〜マ行。
 右手前がマ行。ここにはメディアワークスの電撃文庫が多数。



2−18
 ひとつ南に移って――
 左手前がマ行〜ワ行。
 左中央がワ行〜ABC・・・大型本。
 ここまでがSFデータベースに収録した書籍です。
 左奥から右奥、右中央、右手前は、SFデータベースへの収録を中止した本です。
 SFだろうと思って買ったものの、そうではなかったが棄てるには惜しい本を並べてあります。



2−19
 もう一つ南に移って――
 柱が邪魔をして見えませんが、左手前と左中央は空いています。
 左奥は2001年以後のSFで早川書房以外の本です。
 右奥と右中央は、アメリカの有名なSF雑誌の「ギャラクシイ」と「イフ」の全巻揃いです。
 アメリカのSF雑誌の大部分はマイクロフィルムで所有しているのですが、「ギャラクシイ」と「イフ」だけはマイクロの入手が出来ませんでしたので、実物で集めたのです。
 全巻揃いと言いましたが、「イフ」はあと二冊欠けています。日本の雑誌でもそうですが、全巻揃えるのは大変です。
 このほかここには、「アメージング」「アスタウンディング」「アナログ」なども少しはあります。
「アナログ」や「アメージング」は昔家内が講読していたのです。
 先に大部分のアメリカSF雑誌はマイクロフィルムで集めたと書きましたが、そのマイクロは4号室にありますので、また後にご紹介します。
 右手前は空き書棚です。



2−20
 さらに南に移りますと、SFとは関係のない歴史書、戦史、発明家伝、社史などになります。
 いずれも執筆の資料として購入したものです。
 左の三本が戦前の本です。
 右奥が茶ラベル。
 右中央が青ラベルと黄ラベル。
 右手前が緑ラベルと赤ラベル。



2−21
 さらに南に移ります。
 左側の手前二本は雑誌のファイルです。
 その奥は歴史書類。
 右側も歴史事典などの類です。
『卑弥呼と日本書紀』などを書いている時は、書斎とこことを何往復もします。



2−22
 さらに南に移ります。
 左側の三本は、2001年以降の早川書房のSFです。
 やはりSFは早川がいちばん多いので、すぐに満杯になります。
 右側は空いている書棚です。



2−23
 さらに南に移ります。
 左側は三本とも空いています。
 過日、不要な本を数千冊廃棄したので、空いた書棚がだいぶできたのです。
 最近は本の購入数が減っていますから、空きがこれくらいあれば死ぬまで大丈夫だと思います。
 右手前は自著の予備、右中は空き、右奥は新刊本。



2−24
 ここが書庫の南端です。
 左手前から二本は、ファイルに綴じられない雑誌。
 左奥は新刊本。
 右奥も新刊本。
 右中と右手前は古い百科事典とか人名事典とか国語辞典の類。
 不思議なことに、百科事典は古いほど内容がしっかりしています。
 戦前の百科が最高です。
 具体的に比較した結果などはまたいずれ報告します。



2−25
 これでSF擁書楼2号室の一周は終わりです。
 西側の南端です。
 (この右の上の作りつけの棚が出発点の2−6になります)
 この最後の書棚には、SF関係のイラスト集とか資料集などの大型本を一括して納めています。
 フロッピイ時代のSFデータベースには入れた事もあるのですが、現在のCD−ROM版では省いています。

 この2号室はSFデータベースの観点からは、1991年以降の中央公論以後ですので、データベースの主体をなします、1945年8月15日以降55年間の大部分は入っていません。
 SFファンが興味をお持ちのそれらの部分は、3号室にあります。またフロッピイ版以後に集めた補遺は4号室にあります。
 いずれご案内します。


保存頁一覧に戻る