■□■□■ 松原神社初詣(オロモルフ) ■□■□■

 平成二十年の元旦の初詣の写真集その2です。

(1)御由緒

 報徳二宮神社から歩いてすぐの所に松原神社という古式ゆかしい神社があります。
 御祭神は〈日本武尊〉で、この相模の地に遠征なさったので、多く祀られた神社の一つです。
 相殿に素戔嗚尊と宇迦之御魂神が祀られています。
 創建はいつかわからないほど古いのですが、平安時代にも記録があるようです。
 松原という名前の由来も諸説あってはっきりしないらしい。
 1495年に北條早雲が小田原城に進出して崇敬。
 1545年の北條氏康のとき、海岸に大きな亀が流れ着いたので、人がこれを神社の池に持ち込んだところ、氏康が一門を招いたこれを祝い、その後この亀を海に放ちました。
 この霊験があって、上杉の大軍をわずかな兵で打ち破って関八州を制覇しました。
 そのため亀はこの神社の名物にもなり亀のお守りとか亀の置物などがあります。
 北条氏が秀吉に滅ぼされたあとも、小田原を支配した大名たちがこの神社を大切にしましたので、小田原の宿場の総鎮守として栄えたそうです。

(2)鳥居

 道路から一の鳥居を写しました。
 ↓↓↓↓↓



(3)少し奥

 すこし奥です。
 ↓↓↓↓↓



(4)境内

 境内はそう広くはなく、少し歩くと拝殿が見えてきます。
 ↓↓↓↓↓



(5)拝殿

 拝殿を右側から撮りました。
 拝む人はみんな鈴を大きな音で鳴らすので、我々もそうしました。
 ガラガラガラ・・・。
 ↓↓↓↓↓



(6)大亀

 上に記しました伝説の大亀の石がありまして、皆ここにお賽銭を入れて亀の背中を撫でていました。
 撫でると寿命が延びるそうです。
 10円入れると10日寿命が延びる。100円だと100日、1000円だと1000日伸びるらしい。
 私は10円入れたので10日伸びるわけです。
(1000円入れれば良かったなあ・・・)
 孫は亀が気に入ったらしいので、亀のお守りを求めました。
 ↓↓↓↓↓



(7)御神札

 授与所はけっこう混雑しておりました。
 ↓↓↓↓↓


二礼二拍手一礼


オロモルフの論考リストに戻る